忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   
カテゴリー「映画のじかん」の記事一覧

ゆきゆきて神軍

今週の「映画のじかん」では『ゆきゆきて神軍』(原一男監督)を観た。第二次大戦で徴兵され、ニューギニアに派遣されていた奥崎謙三が、戦争責任を問うて各地をまわるドキュメンタリーだ。奥崎は、戦後36年目に、この映画の撮影とともに、ある事件の真相を追うことになる。事件とは、終戦後26日目に起きた、上官による部下射殺事件だ。当時の関係者を一人ひとり訪ねてまわるが、関係者の口は重い。執拗に迫っても、なかなか口は開かない。奥崎は、ときに激して暴力をふるい、ときに遺族の老婆とともに涙する。そうした執拗な追求のなかで、兵士たちが人肉を食べていたことなど、すさまじい事実が語られていく。
奥崎の行動原理は、是非はともかくとして、一貫している。国家には従わず、神の法にのみ従うこと。国家や家族は人々を分断するだけのものであるとして価値を置いていないこと。巨大な暴力である戦争を経験した以上、戦後、それを忘れたかのように、自分の幸福だけを追求することは許さないこと。結果のためには暴力も行使すること。一言でいえば、アナーキストだ。

この映画のテーマは、やはり「暴力」ということになるだろう。戦争という巨大な暴力。その巨大な暴力は、まったく不条理に、人々を叩きのめす。なぜ暴力を受けたのか、そこに微塵も合理性がない。その虚無を埋めようとして、奥崎は執拗に戦争責任を問い続けた。手法の是非はおくとして、奥崎は、ひたすら直球勝負で、この虚無に斬り込むがゆえに、そこに撮された現実は、背筋が寒くなるような肌触りがある。
そして、この虚無は解消されることなく、むしろ深まり、拡散し、私たちの胸底にひろがっている。だからきっと、この映画は恐ろしいのだ。

もちろんカメラを前にして、つくられた現実だということもあるだろう。随所に、そういう意識はうかがえる。おそらくカメラが入らなければ、このドキュメンタリーに撮された事実は起こらなかった。映画自体が現実をつくっている面がある。しかし、それにしても、この映画は恐ろしい……。


『A2』

 今週の「映画のじかん」では、先週に引き続き、森達也監督の『A2』を観た。『A2』は、地下鉄サリン事件から5年後、オウム信者の居住に反対する地域住民や右翼団体と、オウム信者たちとのようすが撮影されている。
この映画を観て、どこかホッとするのはなぜだろう? 『A』が全編を通じて緊張感がみなぎっているのに対し、『A2』は、ほのぼのとさえしている。もちろん緊迫の場面も多々ある。しかし一方で、反対運動をしていたはずの地域住民とオウム信者とのあいだには、いつのまにか、あたたかい交流が生まれていた。それは、マスコミのテレビカメラの前でも繰り広げられていた光景だが、それがマスコミで流されることはなかった。マスコミは、ひたすら不安や恐怖をあおる情報しか流さなかったのだ。

オウム信者を人間として扱わないような人たちは、彼らとコミュニケーションしているわけではない。メディアによって得た情報ばかりで不安や恐怖をふくらませ、魔女狩りのように狂熱的に排撃している。ところが、直接、コミュニケーションをした人たちは、不安や恐怖感を解消し、実にあたたかな関係をつくっていたのだ。
右翼団体の人たちのようすも、興味深かった。「出ていけといったところで、彼らはどこにも行く場所がない。“死ね”とか“殺すぞ”という文句も一切禁止。我々はオウムの解散と被害者への賠償のみを求める」などと話し、ととても理性的にデモ行進をする。彼らも、世間から魔女狩り的な排撃を受けているからなのだろうか。反対しつつも、そのあたりの共感があるように感じられた。

『楢山節考』 『A』

毎週水曜日は、「映画のじかん」として、映画を観たあと、その映画をネタに話し合っている。先週は今村昌平監督の『楢山節考』、今週は森達也監督の『A』を観た。

『楢山節考』は姥捨山伝説がモチーフの映画。生と死、性、山あいの寒村に生きる人々のむきだしの姿が、淡々と描かれる。そこでは動物も人間も混然としていて、道理では不条理なことでも、自然のなかでは淡々と営まれていく。夜があって昼があるように、死があって生がある。そんな当たり前のことを、なまなましく感じさせる映画だった。とくに痛烈なのは、捨てられる老婆と老爺のちがいだ。死をどう受けいれるかという、逃れられない問いを、まざまざと見せつけられた感じがした。

『A』はドキュメンタリー映画。オウム真理教の内部に入りこんで、そこからオウム信者の姿だけではなく、オウム信者に対するマスコミや警察、市井の人々の姿を、痛烈に撮しだしている。95年の地下鉄サリン事件のとき、マスコミにくり返し登場するオウム信者のなかには、立ち居振るまいに気品のある清潔さを感じさせる人もいて、事件とのギャップにとまどった人も、多いのではないだろうか? この映画を観て、私は、正直、オウムの信者たちに、とても共感を覚えた。眼を血眼にして殺到し、なんとも言えないウソくさい臭いを発するマスコミ関係者や、文字通りの暴力をふるって何もしていない信者を逮捕する警察、その暴力をにやつきながら見ている通行人、それらの人々は、たまらなく醜悪な姿を、森達也のカメラの前にさらしていた。その醜悪さは、自分の醜悪さかもしれない。だから見ていて、苛立たしいのかもしれない。そして、その醜悪さは、世間というものの恐ろしさを、とても感じさせた。

世間は、自分たちからズレた存在を、粘着質な集団性で圧迫する。不登校やニート、ひきこもりでも、同じことは起きている。それは、対象がハッキリしにくいだけに、抵抗もしづらい。しかし、世間にはいろんな人がいる。もちろんのことだが、まったく風穴のない集団ではない。そこに希望があると思う。
次回は、その希望も込めて、『A2』を観ることにしている。


Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]