忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   
カテゴリー「雑記」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


喉元を過ぎた「不登校」~ノーラベル・ルネッサンス~

なるにわラジオパーソナリティの谷口さんが、文章を寄せてくれたので掲載します。

……………………………………………………………………………………………………
私は、不登校やひきこもりに関係する、当事者主体のものを含めた運動や活動に、いまいち関心がない。

それはなぜかと考えた。

私は小学2年の秋から学校へ行かなくなり、結局そのまま小学校を卒業、中学にいたっては在籍中に一度も中学校の敷地に足を踏み入れなかったが、中3の秋も過ぎたころに「これじゃいかん」と思い、通信制の高校に進学して、幸いにも、そこでの卒業までの3年間を、とても楽しく過ごすことができた。

もしかしたら、私の中の元不登校だったり元ひきこもりだったりする要素は、高校を楽しく卒業した時点で、喉元を過ぎたのかもしれない。だから、いまの学校教育のひどい現状や、不登校・ひきこもり当事者への支援という名の人情の押しつけに対しても、違和感は覚えるものの、それくらいしか自分の中からは湧いてこない。

喉元過ぎて時間も経ち、気がつけば体外へ排泄していたから、いまとなっては、せいぜい味を思い出す程度、それ以上の何かが湧き出すはずもないのだ。

2016年11月2日の読売新聞朝刊に、そんな私でも面白く感じる記事が載っていた。この記事は「論点スペシャル・ひきこもりを経験して」と題して、髭男爵の山田ルイ53世と、ひきこもりUX会議主宰の林恭子が、自分のひきこもり経験を、振り返るかたちで語っているものだ。

私はこの記事の中の、山田ルイ53世が語っている部分について、すごくヒキコまれた。話の大筋は、中学2年の2学期から学校へ行かなくなり、ひきこもり状態になるも、テレビで同世代が出席する成人式のニュースを見て衝撃を受け、大検を取り夜間大学へ通うも勉学の世界で負けたという思いが消えず、土俵をずらし、お笑いの世界を目指したという内容なのだが、話の最後の部分で、山田ルイ53世は、自分がひきこもっていた6年間を、「ムダやった」と切り捨てているのだ。

その直後に「そのムダが許せないのが一番問題なのかなとも思う」と書いているものの、私はこの自らの経験を「ムダやった」と切り捨てているところに、すごく共感を覚えた。もしかしたら、山田ルイ53世にとっては、不登校・ひきこもりの経験は完全に過去のことであり、それこそ「喉元を過ぎた」ことなのかもしれない。
私は自分の不登校・ひきこもり経験を、ムダとまでは思わないものの、やはり過去のことに感じている。いろいろな運動や活動にも、そこまで関心はない。だが、いくら自分では「過去のこと」と思っていても、やはり、ときどき、いまも当時の自分と地続きだということを認識させられるような、己や周りとうまくいかないことが、具体例を挙げるとキリがないレベルの小さな要素として、顔を出すことがある。
しかし、私はこれでいいのだと思う。

私にとって、不登校・ひきこもり経験は、すっかり過去のこと、すなわちバックグラウンドである。バックグラウンドである以上、自分が意識しなくても、向こうから、時にしつこいほど、勝手に顔を出してくる。私は、自分に対して「元不登校」だとか「元ひきこもり」といった、ラベルを貼るようなことはしない。そんなことをしなくても、私の日ごろの行ないを見ていれば、そこかしこから漏れ出ているはずだからだ。

それを見て、ある人は仲間だと思うかもしれないし、ある人はラベルを貼るかもしれない。でも、私にとっては、やはり過去の経験は、バックグラウンドであり、語らずに醸し出すものなのだ。(谷口)

べてぶくろの方とお話しして

今日、べてぶくろ(べてるの家@東京池袋?)の方がフォロに来られて、ランチミーティングをした。当事者研究の全国交流会を2016年に関西で開く予定になっていて、その打ち合わせなどで来阪されていたところ、NPOそーねの方が、「フォロさんと交流を」と企画してくださったのだ。
いろいろ、意見交流できて楽しかったのだが、覚え書きとして、ひとつだけここに書いておきたい。

当事者研究においても、「支援」ということを考えるうえでも、大事なのは、当事者の語りに対して、聴く側が予断と偏見をどれだけ排して聴けるかということだろう。べてるの家も、医者の目で統合失調症などを見るのではなく、当事者の言うことを虚心坦懐に聴くことから、じつに豊かな発展があって、そこに当事者研究も生まれている。不登校においても、当事者発の活動が、さまざまな広がりを見せてきた。そして、日本におけるフリースクールも、べてるの家も、活動開始から約30年というのも、共通している。

たぶん、それは偶然ではないのだろう。社会のなかで「大きな物語」が崩れていって、何が正解なのかが不透明になっていくなかで、「治療」だとか「教育」だとか「支援」ということの意味が、根本から問い直されてきたのだ。どこに向かって「治療」「教育」「支援」するのか、まったくわからないのだから。

「正解」なんてない。そのぽっかり空いた穴を何かで埋めないことが肝要なのではないだろうか? フリースクールなども、ややもすると、学校よりフリースクールのほうが正しいとか、そういう発想に陥ってしまう。

虚心坦懐であること。その意義は、数値や目に見える成果にはならないものだろう。でも、いちばん大事なことにちがいない。そんなこと言っても、行政とか立法とか、そういうところでは、なかなか話は通じないだろうな……。(山下耕平)

『トークバック』を観て

今日、『トークバック』(坂上香監督)を観てきた。テーマは、前作『ライファーズ』に続いて、暴力の被害者が、その経験を含め自分自身と向き合い、それを他者とシェアしていくことで、自らを再生していくプロセス、と言えばよいだろか。

映画に出てくるのは、メデアというアマチュア劇団。HIV陽性と判明した女性たちが、演劇を通して、みずからの経験を「語って」いく。HIVに罹患したことは、それ自体、重たい問題だが、そこに至るまでの背景があり、そして、罹患したことによる二次被害もある。言ってみれば、前にも後ろにも困難の積み重なるなかで、現実を直視しながら前に進むのは、ひとりでは、けっしてできることではないことだろう。同じ立場の仲間がいて、最初は仲間に対して自分を開き、そして広く社会に向かって、自分を開いていくことで、他者とともに、自分(の現実)を受けとめていくことができるのだと思った。

監督の坂上香さんは、「非言語表現が、その人の経験を言語化することに役立っている」と話していた。たしかに、いきなり言語化ということだと、直截的に過ぎるのかもしれない。自分を開いていくには、周囲の人間への信頼関係が不可欠で、それが熟さないかぎり、乱暴な手つきでフタを開けるようなことは、かえって危ないことにちがいない。まだ言葉にできない、どろどろしたものも、身体を通じて(言葉以前のものを通じて)、分かち合われることで、それが信頼につながっているように感じた。

たぶん、いまの日本社会でも、周囲への信頼関係は希薄化していて、だからこそ、自分のなかのどろどろしたものを他者に開くことができず、それゆえに自傷行為や依存症などになってしまっていることも多いような気がする。

私たちも、づら研(生きづらさからの当事者研究会)を開いているが、もっぱら言語に頼っているところがあるので、もっと身体レベルで考えられることも、あるように思った。いま、いろいろな当事者研究の団体にうかがって、勉強させてもらっているところでもあるので、また、いろいろ工夫を重ねていきたい。   (山下耕平)


傀儡、芸能、生きづらさだョ! 全員集合

中世、傀儡(くぐつ)と呼ばれる漂白民は、人形をあやつる旅芸人として、全国各地をめぐっていたそうだ。農民のように土地に縛られて生産活動をするのではなく、土地や生産手段を持たず、神社仏閣を転々とし、社会の底辺を生きながら、喜捨(寄付)で命をつないでいた人たち。差別されながらも、一方では、おそれの目で見られていた傀儡(くぐつ)たち。

傀儡は、生き延びるために必死で芸能を磨き、その芸は、やがて文楽となり、いまや古典芸能となっているそうだ。文楽にかぎらず、芸能というのは、本来、そうした社会の底辺や境界領域にいる人たち、いわば無縁の人たちが担ってきたものだろう。

ところで昨日、「生きづらさだョ! 全員集合」というイベントに参加してきた。企画したのは、薬物依存症だった、にゃきさん。アルコール依存症のサバイバーである月乃光司さんはじめ、弱視、高次脳機能障害、見た目問題(顔面動静脈奇形)、機能不全家族育ちなどなど、さまざまな「生きづらさ」の当事者が、自分の生きづらさをパフォーマンスとして演じていた。私も、司会のお手伝いをさせていただいたのだが、参加しながら、これは現代の傀儡ではないか、と感じたのだった。

世間とちょっとしたズレがあるために、生きづらさを抱えている当事者たち。その生きづらさを人前でパフォーマンスとして昇華し演じる姿は、本来的な意味での芸能民にちがいない。ただ、芸能民であるからには、芸を磨いていく必要もある。自分の「生きづらさ」をだだ漏れにしているだけでは、芸能にはならない。自分を少し引いた目で見て、芸能として昇華していくこと。そういう意味で、月乃光司さんは、真打ちの芸能民だと私は思う。

逆に言えば、いま渦中にある人が、すぐ芸能にまで昇華することは、なかなか、むつかしいことかもしれない。けれども、だだ漏れだろうと何だろうと、人前にさらしていくうちに、だんだん磨かれていくものがあるのだろう。だから、こうしたイベントが続いていくということは、現代の傀儡(くぐつ)を輩出していく磁場となるにちがいない。そして、後世には古典芸能として、国立劇場で演じられたりすることになるのだ、きっと。 (山下耕平)

 
写真は撮り忘れたので、6月に應典院で開かれた際の写真です……。

「生きづらさだヨ!全員集合」

「生きづらさだヨ!全員集合」に参加してきました。月乃光司さんはじめ、自分の生きづらさをほとばしらせるみなさんから、開かれたエネルギーをいただきました。感謝です。

こわれ者の祭典をはじめとして、月乃光司さんのイベントは、いろんな当事者が、自分の内側の声を外に思いっきりアウトプットしていて、それが波動として伝播していくライブ感が心地よいです。昨日も、薬物依存、パニック障害、ボーダーライン、双極性障害、見た目問題、弱視などなど、さまざまな当事者がパフォーマンスしてました(なるにわからも1名出演)。

それは、専門家が外側から診断名などで名指して「支援」するのとはまったく異なる、「仲間」の力なんでしょうね。


※今日のようすは、27日(金)21時~放送の『バリバラ』(NHK・Eテレ)で放映されるそうです。

合理、弱法師、矛盾……

ここのところ、「合理」ということについて、あらためて考えることが多い。総会だとか決算だとか予算だとか、そういうことが続いているからだろう。

NPOといっても、事業なので、お金のやりくりは大変で、いつもいつも経営には頭を悩ませている。もっと合理的な経営の仕方というのは、考えないといけない面もあるのだと思う。でも、そもそもは、そういう「合理」からこぼれてしまう問題があるからこそ、NPOみたいな活動が必要とされている。その矛盾は手放してはいけないものだし、どちらかに片付く問題ではないのだろう。そして、どれだけ、「合理」からこぼれる側に立つことができるかが、問われるところなのだろうとも思う。

映画『風立ちぬ』で、空を飛ぶというのは「美しくも呪われた夢だ」という台詞があったが、人は二本足で立ったところに始まり、重力に抵抗し、その文明の力をもって世界を切りひらいてきた。しかし、その力はまた、巨大な人災をもたらす呪われた力でもある。

一方、『風立ちぬ』では、関東大震災のシーンも出てくるが、大地の力は、生命を育むと同時に、生を呑み込む死の力でもある。

「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」という聖書(ヨハネ伝)の言葉も思い起こされる。

ギリシャ神話のオイディプス王(オイディプスは腫れた足を意味する)は、スフィンクスに謎かけをされる。
「一つの声をもちながら、朝には四つ足、昼には二本足、夜には三つ足で歩くものは何か。その生き物は全ての生き物の中で最も姿を変える」

謎かけの答えは人間のことだ。はいはいから、二足歩行へ、老年になると杖をついて歩く。大地の力に拮抗して二本足で立ち上がり、やがて大地へと帰って行く。

俊徳丸説話をベースにした能の弱法師(よろぼし)では、俊徳丸は家を追い出され、盲目となり、よろよろと杖をつきながら乞食をする。そして、その姿から弱法師(よろぼし)と人から笑われる。俊徳丸説話はバリエーションがいくつもあって、そこからの復讐や回復の物語もあるが、能の「弱法師」は、回復劇ではなくて、弱法師のまま家へ帰っていく物語になっている。

人間は、大地の力に拮抗しながら、大地へと帰って行く矛盾のなかを、よろよろと生きる存在だ。そのことを忘れ、大地の力をなかったかのように、文明の「合理」だけで生きることはできない。「合理」だけで世界を閉じてしまうと、弱法師みたいな存在は排除され、その世界の内部も大地の息吹を失って呼吸困難になる。

不登校とかひきこもりというのも、現代の「弱法師」とは言えないだろうか。弱法師が生きられる世界であること。大地に翻弄されながら、死に触れながら、「合理」に閉じないこと。そんなことを思う。
(山下耕平)
俊徳丸の塚(八尾市)。
知ってないと誰にも気づかれないような、たたずまいだった。

ひきこもりデー、いいね!、灰色……

4月1日は「全国ひきこもりデー」と勝手に名付けて、Twitterなどで呼びかけたら、想定外の大反響だった。言い出したほうは、呼びかけた時点で満足してたので(出落ちみたいな)、思わぬ反響はうれしくもあったが、なんか、ちょっと悪いような気もしていた。仕事があるから休めないとか、フリースクールを休みにすべきかどうかなど、まじめに考えていただいた方々もいたもので……。ただ、「ひきこもりデーなのに仕事だなんて」と、働いている側が、なんか後ろめたさを感じておられたりしたのは、おもしろかった。

私(山下)はと言えば、楽しいのは楽しかったのだが、この日はTwitterやらFacebookやらの反応が気になってしまって、かえって、いつもより他者の視線を気にしてしまっていたように思う。「いかん、これではひきこもりになってない!」なんて思って、途中でいったん放り出したりもした。

まあ、「笑っていいとも!」にならって反省はしないことにしたので、「全国ひきこもりデー」の振り返りはこれくらいにして……。ここのところ、「いいね!」的なものをめぐって、考えてしまうことがある。

たとえば、「Facebookではホンネを言えない」という話をちらほら聞く。Facebookで、あんまり重い話をされても困ってしまう。だから、「いいね!」をもらえそうなことばかりを書き込む。まあ、それはそれとしていいんじゃないかと思うけれども、なんか表層的で薄っぺらい評価に常に自分が縛られている感じは、たしかにある。私なんかも、それがうっとうしくなったときは、Facebookへの書き込みをやめることにしている。書き込んでしまうと、「いいね!」が気になったりするので(Twitterでも、程度の差はあっても同じようなことはあると思う)。

それがSNSにかぎった話だったらいいのだけれど、どうも、そういう薄っぺらいものに、社会がすっぽり覆われているような感じがする。助成金をもらえば事業評価、お店に行けばアンケート、どこに行っても薄っぺらい評価だらけ。つくづく、ウンザリする。そういう評価が役に立つ局面もあるのだろうけど、そんなものは物事の一側面でしかない。なのに、どこに行っても薄っぺらい評価が空気のように当たり前なことになってきていて、文字通り息が詰まってしまう。まるで『モモ』(ミヒャエル・エンデ)の「灰色」みたいだ。つねに評価に眼差されるなかで、いつのまにか大事なものが奪われている。

それはたぶん、不登校やひきこもりの問題が、進路だとか就労だとか、言ってみれば表層の適応ばかりに焦点化されていったことにもつながっているだろう。

この空気の外に出ることは難しそうだが、せめて複眼的にものごとを見て、薄っぺらい評価のフィルターの向こうにある声を聴くことができなければ、私たちは「灰色」に飲み込まれてしまうように思う(と言いつつ、この記事もSNSに流すのだった)。

因幡の白兎、赤裸、ひきこもり、失われた20年

鳥取タンポポの会(不登校の親の会)の20周年記念に、私(山下)と、フォロ代表の花井を講演会で呼んでいただいた。私も花井も、ちょうど不登校やフリースクールのことに関わりはじめて20年ほどになるので、「失われた20年」とも言われる、この20年は何だったのか、考えながら、お話しさせていただいた。

講演内容はさておき、前日、因幡の白兎の神話の発祥地、白兎海岸に連れていっていただいたのだが、神社にお参りし、海を眺めていたとき、ふと、白兎神話は、不登校・ひきこもりの話じゃないかと思えた。

まず、因幡の白兎のあらすじ。

島にいた白兎が海にいるワニをだまして、一列に並ばせたワニを踏んで対岸に渡る。ところが、だまされていたことがわかって、最後の一匹に、白兎は毛皮をはがされてしまう。兎が泣いていると、通りかかった神々が、「海水を浴びて風に当たって寝ていろ」と言うので、そのとおりにしたところ、ウサギの体は傷だらけになってしまう。後から通りかかったオオクニヌシは「今すぐあの池に行って、真水で体を洗って、その池に生えている蒲の穂をとって花粉を身につければ治る」と教え、そのとおりにしたところ、兎は回復した。


ワニをだます白兎は、まるで学校のなかで、他者を出し抜く競争をさせられている子どもみたいだ。ところが、何かのきっかけで、身にまとっていた学歴など社会的な地位(=毛皮)がはがれてしまうことがある。赤裸の自分をさらすのは、あまりに痛い。ところが、家族や周囲は、そこに、さらに潮水を浴びせるようなことをするので、「白兎」は傷だらけになってしまう。そこで必要なのは、世間の価値観=潮水を、いったんは洗い流してくれる真水であり、赤裸の自分を、赤裸のままに受けとめてくる蒲の穂だろう。そういうプロセスを経て、「白兎」は再生する。それは、もとの小ずるい「白兎」ではなく、赤裸の自分と向き合って、その痛みと葛藤を経て、新しく再生した「白兎」だろう。

たぶん、それは個々人の問題だけではなくて、日本社会も、「失われた20年」から、かつての「日本」に戻ろうとするのではなく、痛みとともに赤裸の自分に向き合って、新しく再生する必要があるのだ。

白兎海岸で、オオクニヌシの神さまが、そんなことを教えてくれたように思った。

お世話になった森英俊さん、鳥取タンポポの会のみなさん、ありがとうございました。


 白兎海岸

なまけ者になりなさい。

生活保護に対するバッシングをみていると、不登校やひきこもりへのバッシングと同じ怨念を感じる。「なまけ者を許すな!」という怨念だ。それは、自分たちがものすごくガマンしているのに、ガマンしていないヤツは許せないという怨念だろう。

しかし、生活保護でもベーシックインカムでも失業保険でもよいのだが、労働市場から撤退する権利が保障されることは、とても重要だと思う。撤退したら死んでしまうかのように思い込まされて、多くの人が過酷な労働条件をガマンして働き続け、自分を壊してしまっている。撤退が保障されることは、労働状況の改善にもつながるだろう。撤退をなまけだと非難するのは不見識というほかない。

同じことは不登校についても言えるだろう。学校からの撤退の保障は、学校状況の改善にもつながるはずだ。不登校をなまけだという非難に対して「なまけじゃないんです、不登校でもちゃんと学んでるんです」なんて言うよりも、誰もが撤退できる権利を訴えたほうがいい。不登校の権利というのは、そういうことのように思う。

水木しげるは言っていた。「なまけ者になりなさい」。

mizuki.jpg
 

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]