忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   
カテゴリー「働くことについて」の記事一覧

雨宮処凛講演会に参加して

amemiya.JPG14日(土)、ふぇみん主催の雨宮処凛講演会に、コムニタスのメンバー8人ほどといっしょに、参加してきた。
講演内容の要点を言うと、およそ以下のようなことだった。

・ずっと生きづらさをテーマに本を書いてきたが、昨年になって、自分の生きづらさが不安定雇用など社会状況によってつくられたものであることに気づいた。
・実際に若者の状況を取材してみると、派遣労働者やフリーターが極度に不安定なワーキングプアの状況に置かれている一方、正社員は過労死に追い込まれるほど酷使されていて、若者が生死を問われるほど追いつめられている実態がわかった。
・「プレカリアート」という言葉に出会い、自分たちの問題を言語化できるようになった。
・いまの若者はバラバラだが、それゆえに、しがらみなく連帯することができ、さまざまな運動が起きている(フリーター労組、ガテン系連帯、インディーズメーデー、サウンドデモetc...)。
・今後、かつての年功序列・終身雇用型の雇用が増えることはあり得ず、非正規雇用は必要不可欠な労働力とされている。問題は、正規雇用との極端な格差にある。非正規雇用でも、安定した生活を送ることができるようにしないといけない。

(このあたりは、『生きさせろ! 難民化する若者たち』に、くわしく書かれている。)

また、今回の集会では、サウンドデモのようすなど、若者の運動のようすがDVDで上映された。それは、デモというより祭りそのもので、とても健全なエネルギーの爆発のように感じられた。大音量で音楽をガンガンに鳴らしながら、若者たちが街を踊り歩く。主張は、「庄屋は時給を上げろ!」「マックはマック難民を追い出すな!」など、政治的なスローガンとはかけ離れた、身近すぎる主張だ。しかし、若者たちを根底から脅かしている不安が、外に向けた怒りとして発散され、それがうねりとなっているようすが、すごく感じられた。

このうねりは、しかし、サッカーのナショナリスティックな応援や、北朝鮮バッシングのエネルギーと根は同じものだろう。だから、すごく共鳴する一方で、あやうさも感じた。風向きがちょっと変わると、簡単に排撃的なナショナリズムになってしまう。もちろん、あやういからこそ健全なんだけど……。

雨宮処凛は、若者の右傾化について聞かれ、「自分自身、かつては左翼にも右翼にも顔を出したが、左翼は高卒フリーターの私には何を言っているのかわからなかった。その点、右翼は“アメリカが悪い”とか明快で、フリーターのように孤立しきっているとき、国家にしかつながることのできる共同体はなかった」と語っていた。自分が何の役にも立たない、いつでも取り替え可能な労働力でしかなく、居場所がどこにもないとき、ナショナリズムに自分を同化させることで、自分の位置を見いだす気持ちは、よくわかる。

私は、雨宮などの若者ムーブメントに、全面的に共感する。が、一方で、これを雇用問題の枠組みだけで考えていてはならないとも思っている。新自由主義や構造改革が壊したのは、雇用関係だけではない。社会の絆がズタズタになっていて、人がバラバラになっているのだ。貧困はお金だけの問題ではない。関係もまた、貧困になっているのだ。その貧困は、ナショナリズムによっては、けっして解決しない。


悪循環のスパイラル

昨日のサロンでは、クルマ社会のことについて話し合った。
日本国内の自動車保有台数は7500万台を超え、全世界にある自動車の1割が狭い日本のなかにある。この40年で日本の自動車台数は10倍に増え、とうに飽和状態に達している。にもかかわらず、毎年、自動車の数は増え続けていて、国内だけで年間1080万台ものクルマが生産され、年間585万台前後の新車が売られている。1日あたり3万台もつくられ、1万6000台が国内で販売されている計算だ。材料のほとんどは海外資源。金属やガラスやゴムを世界中から集め、次つぎに自動車を生産している。
言うまでもなく、自動車は巨大産業だ。部品をつくっている子会社をはじめ、道路、燃料、駐車場、自動車保険などを含めると、日本の就労人口の8・4%は自動車関連で働いている。だから、自動車がどんなに余っていようと、交通事故が増えようと、毎年、売れ続けてくれないと不況になってしまうし、ちょっと売れる台数が減っただけでも大問題になってしまう。だけど、おなかがいっぱいなのに、無理やり食べさせているような状態なわけだから、当然、無理がある。その無理を末端の労働者、とくに若者にしわ寄せしているのが、現状ということだろう。

これはクルマに限らない。家電製品でも同じことが言えるし、消費生活全般に言えることだろう。かつて、経済成長をモーレツにばく進させた時代には、働くこと=生産することは自明だったのだろう。働けば働くほど豊かになる。進歩や技術革新が豊かな世界をもたらす。そういう実感があったにちがいない。しかし、いまや進歩や技術革新は過剰になっていて、無理やりにでも消費を刺激しないと、経済がまわらないようになっている。細かな差異を無理にでもつくりだし、そのために必死に競争している。つくる人も売る人も、何のために働いているのか、心の底ではわからなくなっているのではないか? しかし、そんな大きな問いを考える余裕はないし、お金がなければ生活できないなかで、日々、無意味な競争に追われ、そのストレスは弱いほうに向かって増幅されていく。悪循環のスパイラルだ。

いまの、とくに若者をめぐる労働状況が問題であることは論をまたない。これを告発する動きが群発してきたのは、必然のことにちがいない。しかし、それを「格差是正」というレベルの問題で考えていては、問題の根は見えてないと私は思う。


イベント「この世の仕事」に参加して

cocoroom.JPG昨日のサロンでは、おしゃべりをしたあと、ココルームで開かれた「この世の仕事 5時間リレートークマラソン」に参加してきた。私たちが参加したのは、後半3時間ほどだったが、市役所の職員からフリーの翻訳家、デザイナー、自給自足の農家など、いろんな仕事、いろんな仕事へのスタンスがうかがえて、とても楽しかった。なかでも、画家・デザイナーの林美留土(はやし・みると)さんの話はよかった。「絵を描くことは自分の表現として譲れないものがあるが、デザインの仕事は、お金をもらって依頼者のために仕事している」と語る林さんだが、お金になる仕事は最低限しかしていない。雨が降ると打ち合わせも中止という超マイペースで、「サイアク月8万で暮らせる」と話す。ひとり暮らしで、家賃を払いながらである。終始、ゆる~い感じで話す林さんの話は、聞いていて、とても心地よかった。お話のあと、声をかけさせていただいたら、お父さんが阿波風月庵というフリースクールを主宰しているとのことだった。

 朝日新聞の言うところの「ロストジェネレーション」には、さまざまな姿がある。それは、少し前までの世代にはなかった現象だろう。「ニート」だとか「ひきこもり」というのも、そういう現象の一局面ではあろうが、個人の内面の問題に矮小化してしまっては、何も見えてこない。
 きっと、肝心なのは、かつて通用した幻想や上昇志向を捨ててしまうことだ。昨日のココルームのイベントでも、そういうものを捨ててしまっている人の話は、聞いていて、とても心地よかった。


何のために働くのか?

 今日のサロンでは、働くことをテーマに話し合った。まずは、上野千鶴子へのインタビュー記事(不登校新聞)をネタにさせていただいた。インタビューで上野は、日本型雇用が戦後の一時期に一部の大企業のみで成り立っていた雇用形態であること、それが歴史的にみて崩壊していることを、鮮やかに語っていた。そして、家族が父親という1本の大黒柱に頼るのではなく、複数の収入源をもったり、お金にならないことも含めて、生活のなかに、いろんな柱を持つことが望ましいことなどを語っていた。

参加者からは、「なぜ、正社員になりたいのかわからない。安定していることが、そんなにいいことなのか? 自分は、本当にやりがいのあることに自分を賭けたい。終身雇用なんかで、40年も先まで見えてしまったら、むしろ、ぞっとする」といった意見や、「お金をそんなに稼ぎたいとは思わない。ムリせず働いて、仕事は楽なほうがいい。だけど、仕事以外でも、生きがいがほしい」、「自分の親をみていて、お金のことばかりを考えているようで、イヤになる」など、働くことについて、お金よりも大切にしたい価値や生きがいを求めるような声が多かった。話は、労働のことだけではなく、家族のあり方や社会構造の変化など、多岐にわたって、なかなかおもしろかった。

いろんな面で、60~90年代くらいまでに成り立っていたシステムは、崩壊している。お金さえあれば、このズタズタの社会でも、表面的にはやっていけるが、関係のうえでは、ものすごく貧困な社会になっていると思う。そして、言葉には表しにくいような、モヤモヤとした不安が肥大している。
じゃあ、どうしたらいいのかと考えたとき、核家族や個人に閉じないで、いろんな関係をつくっていくことが必要なんだと、私は思う。根無し草の私たちが、あちこちで、お金には換えがたい関係を結んでいくこと。コムニタス・フォロも、その試みの一つだ。


年末といえば

年末調整の季節だ。源泉徴収というのは、誰が考えた仕組みか知らないが、これのせいで、大方のサラリーマンは、税金についての自覚があいまいなままになっていると思う。年金や健康保険などもしかり。天引きで自動的に払われて、そのぶん手厚く守られているように思える。だから、あまり深くは考えないでも、すんでしまう。しかし、自分で一つひとつを考えてみると、理不尽なことだらけだ。
そうやって、ここ数十年の日本社会は動いてきたのだろう。自分のアタマで考えないでも、守られている気がするシステムだから、そこから外れることが、怖くてできない。みんなといっしょのところにいれば、それで安全に思える。学校といっしょだ。
たぶん、日本人はとくに、会社や国家が、自分を守ってくれるという錯覚が強い。しかし、それが錯覚にすぎなかったことは、この十数年でハッキリしたはずだ。むしろ、会社と個人との関係があいまいなぶん、問題を起こしていることのほうが多いのではないか。たとえば過労の問題なんかも、無限に自分を組織に同化してしまう面があるように思う。
しかも、いまや錯覚が崩壊してきたぶん、国家のほうが個人を同化させようと躍起になってきている。これは、ほんとうに怖い。
私は、一つひとつ、自分のアタマで考えたい。税金のことなんて、実際はめんどうだし、金の計算なんて、本当は大きらいだけど。

使い捨て商品

先日、このブログに就労支援について書いたが、それは、たまたま、ある就労支援団体の方の話を聞いたのがきっかけだった。
話をしていたのは、50代くらいの男性。
「このなかに自分のことを3分でアピールできる人は?」と切り出した。

「あなたたちは自分という商品を売るセールスマンです。自分をいかに売り込めるか。就職できるかどうかは、この1点にかかってます。そのとき、重要になるのは面接です。あなたたちは、自分という商品を短い時間で相手にアピールできるようにならなければいけません……」

その日は、ただでさえムカムカしていたのに、期せずして、こんな胸焼けのするような話を聞かされ、まったく腹が立ってしまった。生卵を持っていたら、投げつけていたのではないかとさえ思う。でも、これが「フツー」なんだろうな……。
考えてみたら、このオッサンも、自分を商品として売り込み、値踏みされて生きてきたにちがいない。その怨念が、この人の原動力になっているんだろうか? 

いまや労働市場はバナナのたたき売り状態。いつでも使い捨てできる人材派遣や非正規雇用ばかりが増え、労働力は、商品のなかでも、使い捨て商品と化している。人間は、モノを使い捨てにしてきたばかりか、人間をも使い捨てている……。
(やました)


就労支援?

「就労支援」ばやりだ。ジョブカフェのような政策をはじめ、NPOなども「就労支援」を掲げるところが、やたらに増えた。これを総否定するつもりはないが、私は、これはゴマカシではないかと思っている。若者が安定して働けなくなったのは、若者自身の問題より社会構造の問題であることは論をまたない。第三次産業ばかりが肥大化し、正規雇用は大幅に縮小し、非正規の使い捨て労働が大量に生み出されるなかで、いつでも取り替え可能なコマとしてしか扱われない労働に、若者が、希望も展望も持てないのは当然だ。そういうことは、かなり一般にも論議されている。それなのに、政策として打ち出されているのは「就労支援」である。
それは、なぜか?


Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]