忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

いじめ手記

このところ、コムニタスのメンバーで、言葉で表現し始めた人が増えた。詩集を自分で印刷して10円で売っている人もいれば、手記をつづっている人もいるし、こちらからニューズレターの原稿に依頼した人もいる。そんな「声」を、紹介していきたい。今回は、MYさんの、いじめについての手記。いじめ経験がこうして言葉になるまで、じつに9年もかかったと、MYさんは言う。この手記は『Fonte』に寄稿し、最新号(12/15号)に掲載された。編集部の許可を得て、ここにも転載させていただく。

……………………………………………………………………………………………………

 いじめで実際にあったことです。
 中学1年生のとき、「服がださい」と不良の男子生徒に目をつけられたのが最初でした。「きしょい」と言われ、それから、だんだんほかの生徒からも「Mってきもい」と言われるようになりました。
 仲がよかった女子生徒からまで、「Mさんって最初はよかったけど、なんかなぁ……」と言われはじめ、「きもい」「ブス」「デブ」「よごれ」「もののけ」「学校来るな」など、たくさんイヤな言葉を言われました。横を通るたびに言葉の暴力をあびせられ、授業中も、わざと聞こえるように悪口を言われました。仲がよかった人も、不良のリーダーには逆らえず、だんだん「悪魔」になっていきました。

 中2のときのことです。私がある男子生徒に“気がある”とウワサされたり、男子生徒がニヤニヤしながら私をじっと見てきて、私が顔を真っ赤にすると「こいつなんか顔赤くしてるし、どう思う?」とからかわれたりしました。思春期に、深く傷つくことでした。
 中2になっても、言葉の暴力は続いていましたが、ほかにも、バットで「ドンドン!」と音を立てて脅されたり、音楽の時間や友人と組まないといけない時間にも、私はひとりでした。
 一番ひどいいじめが中2のときでした。

 中3のときのことです。文化祭の踊りの練習中、男子生徒が横に来て、笑ってバカにしながら私が踊るのをマネしました。私を見て「ぎゃははは! ブッサイク。こいつ友だちおらんねんで」と笑います。そして、「うわーMや! 弁当食ってる」「きもいブッサイクー!!」など、文化祭の舞台の上で、私は全校生徒のさらし者になりました。笑いの渦に巻き込まれ、体が動かなくなりました。

 ひどい言葉をあびせたり、怒鳴りちらしたり、精神攻撃をしてきた生徒は覚えているだけで31人! あいつらの顔は全員、忘れません。3年間をみじめな思いですごした私の気持ち、あいつらにはわからないでしょう。
 教師も「よくがんばったね」といっても、いじめがある事実は無視していました。知っていても、「生徒の数が多すぎてM一人を守っても利益にならない」からです。大勢相手に、ひとりが勝てるわけがありません。逃げることもできず、私はとても苦しみました。
 
●希望校に入ったが
「こいつらから離れてやる」と思って、高校受験は、がんばってがんばって勉強をしました。その結果、希望校に合格し、高校は楽しい日々でした……が、「心の傷」が出てしまいました。
 うつ病になりました。毎日「学校に行きたい」でも「体が動かない」。これ以上、学校という場所にいると死んでしまうから魂がSOSと叫んでいるんだなと思い、不登校に。それから3年ぐらいは、ずっと死ぬことを考えていました。地獄でした。
 自分の顔を見ると「整形したい」と思い、外に出られませんでした。イライラして苦しくて、ずっと死ぬことを考える、うつという苦しみ。
 同じ歳の子どもたちが制服を着て学校に通うのを見ると心が泣きそうでした。楽しいはずの高校に通いたい! なのに精神が字を拒絶して字が読めない。吐き気や下痢、体の症状……3年間、地獄が続きました。夜中におやつをたくさん食べました。ストレスがすごすぎて、死から逃れたいからおやつを食べ、太りたくないから吐く。

●魂のブレーキ
 その後、18歳ぐらいから無気力期に入りました。何もする気がなく、ボーっとして、ずっと眠いままでした。脳がぼけていました。
 21歳ぐらいになって、やっと意識が戻りました。しかし、それと同時に、同級生のフラッシュバックがおこりました。同級生に出会ったりすると、またうつがでました。このときは、涙が止まらなかったり、砂をかむようでご飯の味がしなかったり、体重が減ったりしました。でも、まだ以前の地獄と比べると楽でした。私の魂が「これ以上、学校や同級生といっしょにいると死んでしまう」と思って、ブレーキをかけていたんだと思います。
 心の病気の人々は、自分を責めます。でも、責めないでいいんです。魂がブレーキをかけているんです。正常な反応です。
 23歳になったいま、やっと、こうして言葉にすることができました。今は体も心も安定し、バイトを週4日、できるようになりました。
 私は負けない、私をいじめた人には。

・いじめをしている人へ
 誰か一人をいじめていれば、自分が助かるかもしれない。でも、その一人がいなくなれば、次はあなたかもしれない。結局、すべては自分に帰ってきます。
 
・いま、いじめられてる人へ
 逃げましょう。逃げて逃げて、逃げましょう。学校だけがすべてじゃないです。世界はもっと広いです。高校は単位制も通信制もあるし、職業も、職人や飲食関係など学歴のいらない仕事はいっぱいあります。
 私は、不思議なことに、心の病になってよかったと思う。人の痛み、同じように苦しんでいる人の気持ちがわかった。けっしてこの経験はムダにはならない。よかったなと思います。
M・Y(大阪府・23歳)
……………………………………………………………………………………………………


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

山下さんへ

  • by MY
  • 2008/12/18(Thu)17:49
  • Edit
ありがとうございます!文にすることができ言葉で伝わったと思います。

同じようにPTSDで苦しんでいる人々に「道は一つじゃないよと」伝われば嬉しいですね。

不登校でつらい思いをしてる人がいたらこの文が読んでもらえたら嬉しいです。

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]