忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

それぞれの「ただ、いま」を

引き続き、メンバーの「声」を紹介したい。今回は、ノディさん(20歳・女性)の手記。フォロのニューズレターに手記を寄せていただいた。
…………………………………………………………
「コムニタス・フォロについての手記を書きませんか?」
コーディネーターの山下さんにこう言われたとき、喜んでそれを引き受けた。しかし、いざ「書くぞ!」という段階になって、私はとても困ってしまった。
ひとつは、言いたいことがありすぎて、とても上手くまとめられそうにない。
それと、もうひとつは、この場所のあり方について。

私は、コムニタス・フォロをとても気に入っている。
ここに来た当初、私は疲れきっていた。
世間との価値観のギャップに。
私にとって大事なものが、世間では取るに足らず、私にとってどうでもいいものが、世間では大切にされている。いつも自分が申し訳なかった。生きていることすらも。人は万能で、走り続けなければならない。一歩も足を緩めることは許されないのだと、そう言われているようで。
だけど最初にここの空気を吸ったとき、なぜだろう、とても息をしやすいと思った(ちなみに空気清浄機はない)。
自立を「支援」するわけでもなく、不登校やひきこもりを「克服」するわけでもなく、就職を「勧める」わけでもない。共通の苦しみを持った人が集まる「自助」グループともちょっとちがう。実際ここには、さまざまな人々が集ってくる。あらためて考えてみれば、ここはなんとも不思議な場所なのだ。一言では表しづらい。

ところで。            
歌手の一青窈さんが、こんなことを言っていた。
「あるがままの自分を、自分の『ただ、いま』を伝えられる場所や人があるならば、それは『ただいま』に転じ、そこがその人にとってのお家になるんじゃないかな」
私はふっ、とコムニタス・フォロのことを思い出した。ああ、そういうことかもしれない。
私にとってこの場所は、ひとつの「Home」なのだと。
だって私は、ここでたくさんのことを話した。うれしかったこと、哀しかったこと、闘っているもののこと。笑ったり、泣いたりしながら、私の「ただ、いま」を。
それと同じに、たくさんのことを聞いた。人はみんなちがって、それぞれの喜びや、苦しさ。それぞれの「ただ、いま」を。
だからと言って、フォロに来る人たちを「家族だ」と言い張るつもりもない。フォロの人々は、あくまでただ、フォロの人たちなのだ。
あるがままの関係であるということ。それは案外、カテゴリーを持たないことだと思うから。

フォロの扉が開く。さまざまな人が、ちょこんと顔を出す。
私はフォロの扉が開かれるのが、「こんにちは」と言えるのがうれしくて、とても楽しみに待っている。
コムニタス・フォロのような「Home」が、日本の片隅に、少しずつ根づいていくことを願っている。
(ノディ)
…………………………………………………………


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]