忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

街に座ってみた

kyobashi01.JPGただ1日、街に座ってみようという企画を立てた。
ふだんは「目的」のために、急ぎ足に通りすぎるだけの場所に、ただ座ってみたい。
……ということで、今日の午後1時から、京橋駅の広場の片隅に、座ってみた。参加者は、ちょっと少なくて3人。「さあ開始!」と意気込むもことでもないので、何気ない会話を交わしながら、植え込みのレンガに、腰を下ろす。
平日の昼過ぎとあって、広場は人もまばら。しかし、座り込んでいるおっちゃんたちの姿も、ちらほら見える。
15分ほどしてからだったろうか。西成から来たというおっちゃんが、話しかけてきた。
「この缶チューハイな、駅のホームで買うたら150円やで! ぼったくりやがな。あっこの店やったら140円で売ってんのにな」
その一言から始まり、話は、おっちゃんが自衛隊員だったこと、法律を犯したか何かの理由で辞めざるを得なくなって、その後は、あちこちを転々としていたこと、西成の寮に入っていたが、集団ルールがうっとうしかったこと、いまは西成のアパートで暮らしていること、心臓ペースメーカーを入れていて、それで障害者手帳をもらって、お金がおりていることなど、1時間以上にわたって、延々と続いた。

ふだんだったら、話しかけられることもなかったかもしれない。
見えない壁は、こちらがボーッとしているだけでも、自然にゆるんでいた。

その後、「本日7本目の缶チューハイを買いに行く」と、おっちゃんが言ったところで、そのおっちゃんとは別れて、歩道橋の上に座ってみたり、また元の広場に戻ってきたりで、5時近くまで、座って過ごした。
kyobashi02.JPG
夕方になるにつれ、人の流れは速くなっていった。帰り路を急ぐ人たち。
いつのまにか宵闇が迫り、ネオンが点りはじめる。
そろそろ肌寒くなってきたところで、雨も降り始めたので、おひらきにした。

座っているだけで、感じることが、とてもたくさんあった。
一つ、気づいたこと。男性のほうが、エラそうにしている人が多かった。
そして、そういう人は、とても急いでいた。
(やました)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]