忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

冊子原稿その2――サロンでのおしゃべりについて

永遠に良き変人であれ!――サロンでのおしゃべりについて

コムニタスのサロンでは、他愛もない話で盛り上がるもの常だけど、いざとなったら、皆神妙な顔つきになって、まるで魔術が降りかかったかのように自説をしゃべり始める。皆は思い思いの言葉を、たまに自分の辛辣な過去を引用しながらも、淡々と語っていく。そういったメンバーの言葉、その根の深い思想的な意見、そして、その人個人の魅力に、僕は感嘆を覚える事がある。それぞれの経験的な事実を踏まえて紡がれていく言葉。それに織り込まれていく抑揚する感情。そんな、メンバーの話を聞くことによって、僕個人の経験なんて、たかが蚊が刺す程度の事なんだと、自分の自意識過剰の良い抑制剤となっている。僕がサロンでメンバーの話を聞いていて、こんな爆発的で、繊細な感性を持っている人たちが、自分の人生で葛藤しているという事、決して実らないかもしれない、そういった危険な道を、気の合う仲間たちと談義しながら進んでいく危うさに、正直他人事ながら冷や冷やしているところもある。

僕は、メンバーに宣言する。メンバーよ、永遠に良き変人であれと! 一般世間的な視点に目を眩ませられる事ない、その繊細で、脆く、壊れやすいアンテナを、どうか無くさないでほしいと!

僕はメンバーの話をつまみ聞くのが好きだ。メンバーの色濃い個性の放つオーラを感じることが好きだ。サロンはまるで流れるように、あっという間に過ぎて去ってしまう。そして、僕は過ぎ去ってしまった話の余韻に、いつも、しばらく身を浸している。時に話が辛辣な嵐に見舞われてしまう時も、そして、くだらない馬鹿話で、場が盛り上がっていく時も、そこにこそ、コムニタスメンバーの尖鋭な個性の輝きを、僕は感じずにはいられない。僕はそのうちの一人として、そのメンバーの一人として、自分という存在を朗らかに解き放つ事の出来る、このコムニタスのサロンを、陰ながら楽しみにしている。

あるきっかけが、途方もない偶然の祝福につながる事がある。人との出会いというのは、心底、摩訶不思議なものだ。僕もそうやって自分の運命を切り開いてきた。そうして今の自分があるのだ。この冊子を読んでいるあなたも、どこか人の集まっているところに行くというのは、新たな自分の発見、そして、その未来への期待へと続いていく可能性に出会うという事だ。人は、決して一人で生きてはいない。もし、どこか暗い場所で、人知れず泣いていて、寂しくて自分が壊れそうな、まさにそんな時に、こういう場所で人との繋がりを築くことが出来れば、そこから、新しい未来が開けてくる可能性がある。そして、このコムニタスという場所が、そうした、新たな新芽を育む場所になっていくのを、僕は心の底から願っている。

何気ない繋がりの中で培っていく、ゆるい友情の憩いを、僕らは大切にしている。いつ終わるともなく、そして、ただ流れていく。

(みやすけ)


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]