忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

「居場所」について-9

学習手段の選択肢が増えること。これは歓迎していいことだろう。学校のような集団主義、画一主義、上からの一方通行の教育ばかりが、学ぶことではない。私は学校の多様化に反対しているわけではない。

しかし、居場所は「あれかこれか」で選択するものではないと思う。むしろ、居場所は複数を複層的に持つほうがいい。学校にも所属、フリースクールに所属でもいいではないか。部分的に複層的に、さまざまな関係の網の目の結び目のひとつとして自分がいる。当たり前といえば、当たり前のことだ。その当たり前のことが許されないことが、おかしい。

いまの学校の問題のひとつは、子どもの関係の場を、あまりに独占してきたことだろう。そのうえ、価値観が一元化されてしまい、逃げ場がまったくない。不登校の統計上での定義は、年間30日以上の長期欠席者だ(経済的な理由や病気などをのぞく)。30日学校を欠席することが問題になること自体、そもそもおかしい。30日どころか、カゼやケガでもないのに子どもが数日学校を休んだら、それだけで、たいがいの親はあわてるだろう。

しかし、この壁は分厚い……不登校が、何十年も問題であり続けているだけのことはある。たとえカタチだけ学校を縮小したとしても、学校的価値の時間や空間(塾や習い事など)が増えるだけでは、子どもはますます息苦しいだろう。スキマなく商品価値で埋め尽くされていく社会のなかで、なんとかスキマを見いだして、そこに居場所をつむぎだしていくことは、ますます必要だと思うが、ますます難しくなっている。 (つづく)

080821.jpg


←“すきま”で画像検索したら、出てきた。
猫って、居場所を見つけるの、上手だと思う。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]