忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

「居場所」について-11

じゃあ、どうすればいいのか。居場所が必要だとか関係が貧困化しているとかいっても、具体的な運動として、何ができるというのか。こういう問いを、よくぶつけられる。

そういうとき、私は「とりあえず脱力すること」と応えたりしている。居場所をつむぎだしていこうというのに、シャカリキになって、しかめ面をしていても始まらない。自分がゆるまないことには、人とつながることはできない。

居場所というのは、たぶん“つながっている感”であって、現象的に通っているかどうかとか、制度として認められているかどうかとか、マスコミに取り上げられるかどうかとか、そういうことは、あまり関係ない。法律や制度や言葉ではすくいきれない何か。そういうモヤモヤとしたものを取り戻す必要があるのだと思う。

世の中の変化というのは、どのみち一筋縄ではいかない。複雑系というヤツだ。一見、役に立ちそうなことより、ムダにしか見えないことのほうが、実際には役に立っていることが、たくさんある。

sento.jpgたとえば、“せんとくん”が出てきたときは、各方面から非難ゴーゴーだった。仏教界からは「仏様を侮辱している」との批判まであったとか。でも、いまや、せんとくんの圧勝だ。あれこそが“ゆるキャラ”だと、私は思う。マジメにやっているつもりなのに、ツッコミどころ満載で、そのゆるさゆえに人をひきつけてしまう。

1回目で、「居場所」は英訳不可能だと書いたが、「ゆるい」というニュアンスも、たぶん翻訳不可能なんじゃないかと思う。各自治体が競って“ゆるキャラ”づくりをしている国なんて、日本くらいじゃないかと思うが、カチンコチンな社会をゆるめようというのは、無意識のうちに、みんなが欲していることなんだろうと思う。 (つづく)


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]