忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

「居場所」について-24

少し前にコムニタスの映画の時間で、『ガンジー』を観た。終盤、インド独立を前に激化するヒンドゥーとムスリムの対立のなか、ガンジーは争いを止めるため、激戦地となったカルカッタで「死に至る断食」に入る。そこに訪ねてきたヒンドゥーの若者がガンジーに、「自分は地獄に落ちる。ムスリムの子どもを殺してしまったから」と告白する。しかし、それは自分の息子が目の前でムスリムに殺されたからだった、と。ガンジーは彼に対し、次のように言う。

「地獄から抜け出る道がひとつだけある。それは親を失った子どもを拾って育てることだ。ただし、それはムスリムの子でなければならない。ムスリムの子をムスリムのまま育てなさい」

映画だから、美化している面も多分にあるだろう。それでも、このメッセージは、私たちにも響くもののように思う。異なる他者を異なるままに認め合うこと。それは、いまの砂を噛むような「地獄」を抜け出る、唯一の知恵でもあるだろう。 (つづく)

IMG_3064.JPG


東京タワーの蝋人形館にて撮影。
ガンジーさん、ごめんなさい……。

 


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]