忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

「居場所」について-26

以前、フリースクールのスタッフ学習会で発達障害をテーマにした際、「配慮」と「排除」はどうちがうのか、という話題になった。

発達障害の場合、関係を読みとりにくかったり、感覚過敏だったりすることがある(*)。「定型発達」の人たちが当たり前にしていることが当たり前ではなくて、了解している世界にズレがあると言ったらいいだろうか(「過敏」なんて言うのも定型発達の側からの見方で、発達障害の側から見れば定型発達者が「鈍感」ということになるだろう)。

そのズレがあるとき、定型発達の感覚を前提にしていると、その感覚をつかめない人を「あいつ、おかしいんちゃう?」とみてしまう。そこに「発達障害」という理解を入れることで、感覚のちがいを認め、ズレを整理できることもある。それは「配慮」と言ってもいいだろう。しかし、同時にそれは、レッテル貼りにもなりかねず、「発達障害者だからそうなんだ」という「排除」になってしまいかねない。「配慮」と「排除」は紙一重だ。

私は、これは方向の問題ではないかと思っている。自分の感覚を前提にして、相手を異質なものとしてくくってしまえば、それは排除になる。しかし、自分の感覚を自明のものとしないで、相手の感覚の側に立とうとすれば、それは配慮になる。同じように発達障害という概念を入れるにしても、この方向のちがいが、配慮と排除を分ける。そう言えないだろうか。 (つづく)

hattatusyogai.jpg

*発達障害については、昨年不登校新聞社から出した『発達障害って何だろう?』というブックレットがあるので、よかったら読んでください(自費出版なので、不登校新聞社のサイトから注文できますが、書店などでは販売してません)。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]