忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「居場所」について-31

たとえば家族でも、きょうだいで親からの承認を奪い合うことはあるだろう。家族は距離が近いだけに節度を保てず、むずかしい面もある。受けてめてほしい気持ちが反転してしまうこともあるし、ときに泥沼化してしまうこともある。

同じことが居場所にも言える。居場所というのは、もやもやとした、言語化しにくい何かを大事にしている場だ。外形的なものや制度にはなじみにくい。それだけに、節度を保つには知恵がいる。ややもすると、際限なく承認を奪い合うバトルロワイヤル的な場と化してしまう。

外形的なものではなく、自分の「ありのまま」を受けとめ承認してほしい。そういう欲求は誰しも持っているものだろう。人が共同体から引き離されて、それを一手に吸収してきた学校や会社の価値も流動的で不安定なものになって、個々人が砂粒のような存在になってしまった結果、誰もが多かれ少なかれ「基底欠損」を抱えていると言えるだろう。それを親だけが受けとめるのは不可能だろうし、どこかの居場所だけで受けとめることもで不可能だろう。あるいは、底が抜けているからといって、外形的な価値でそれを穴埋めしようと思っても、上滑りしてしまうばかりだ。どこまで埋めてみても、むなしさがある。だから、少しずつ、部分的ではあるけれど、おたがいに節度をもって存在を受けとめ合っていくこと。そういうことしかないように思う。 (つづく)


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]