忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

就労支援? ひきこもり支援?

勝山実さんが、ベーシックインカムメールニュースに、「ひきこもりとBI」という記事を書いていた。これが秀逸だった。就労支援はそもそも発想がまちがっている。ひきこもり支援団体は国の助成を受けて、ゼネコンにたかる土建屋みたいになってしまっているetc...。
 
コムニタス・フォロは、就労支援を掲げていない。というか、支援のつもりもない。あえていうなら互助というところか。国や自治体の枠組みには乗っかっていないので、当然お金も落ちない。なのでお金には、はなはだ困っている。でも、筋は曲げたくないと思って、高楊枝くわえてふんばっている。
 
そもそも、就労支援というのは、新自由主義の産物だ。それまでの社会福祉=ウェルフェアを削減して、就労して自己責任でがんばる人のみを支援する。それをワークフェアというらしい。ところが、就労支援団体の人と話をしても、そういうことを驚くほど知らない。行政の枠組みがあるからというだけで、安易にその枠組みに乗っかって支援しているつもりのところが、とても多いように思えてならない。なかには、最近になって「就労支援」の看板を下ろしたところもあるようだが、それはまっとうな判断だろう。
 
ひきこもり支援=就労支援になっているのも、おかしなことだ。私のようなひねくれ者は、ひきこもりを支援しているという人に出会うと、「ひきこもり支援というのなら、ひきこもることを支援すべきじゃないですか?」と聞いてしまう。無理解な親や周囲を説得し、働けという圧力を減らし、とことん自分と向き合う時間を保障するような支援。しかし、ほとんどのひきこもり支援というのは、その逆をやっているように思える。
 
あるいは、家以外でも世間の価値尺度からひきこもれる場があればいいのだ。コムニタス・フォロは、ささやかながら、そういう場としてやっているつもりだ。もちろん世間と隔絶しては生きていけないけれども、少なくともいったんは撤退して、自分と向き合う時間や場は必要だ。そのうえで、世間の価値とどのように折り合いをつけられるのか。それは、人によってさまざまだろう。勝山さんのように、「ひきこもり名人」という生き方もある。
 
ただ、勝山さんの記事に一抹の疑問を覚えたのは、「ひきこもりのことは、ひきこもりが一番よくわかっている」という箇所だ。勝山さんは、ベーシックインカムが導入されれば、国の助成金に頼った支援ではなく、本人が自分のお金で、自身が生き延びるために必要な支援を選び、支持できると言う。それは、一面ではその通りだと思う。そうなってくれれば、私たちも、もう少し財政的にやっていけるように思う。でも、ひきこもっている本人自身が、就労支援や長田塾や戸塚ヨットスクールのような「支援」を望んでしまう場合も多々あるように思う。なぜなら、本人自身が世間の価値観を深く内面化してしまっているから。だから、あえて言うなら、本人や親の要望とはちがっていても、世間の価値観とはちがう場や関係が必要なんだと私は思う。すぐには支持されなくても、吹けば飛びそうな少数派でも、そういう場や関係の力を信じたい。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 加藤芳子
  • 2011/09/03(Sat)20:45
  • Edit
青年の居場所を始めて1年半ほど。一応スタッフの立場のおばさんです。居場所は週3日、小麦作ったり里山の森林間伐したり、青年たちとのんびりやっています。「就労支援はしない」に共感!「迷子の時代を生き抜くために」を片手に、もう片方の手にチェーンソーを持って、オルタナティブな生き方を手探りだけどもくろんでいます。

ありがとうございます!

  • by 山下耕平
  • 2011/09/04(Sun)19:52
  • Edit
コメント、ありがとうございます! どちらで居場所をされているのでしょう。可能なら、ぜひ訪ねてみたいです。拙著も読んでいただいたようで感謝感激です。

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]