忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

づら研で思ったこと―良心的就労拒否?

づら研で思ったことの続き。
 
あらためて思うが、いまの社会は、さながら戦場なのだ。
 
故・渡辺位さん(児童精神科医)は、「不登校は戦争神経症と同じだ」と語っていた。
 
神経症になったら、戦場では戦えない。そのために命だけは救われる。自分でそうしようと思うより、意識下の生き物としての命の声がその人にそういう行動をとらせている。表面の意識では一生懸命戦って「天皇陛下のために死のう」と思っていても、命としてはそうさせなかったわけです。
 
そこで、子どもだって生き物なんだから命があるんだと、当たり前のことに改めて気づいたんです。子どもにとって、学校との関係で、そういう事態が起こるのだとすれば、学校とは何なのか。学校の日常が戦争といっしょとまでは言わなくても、どこか生き物としての子どもがその子どもであろうとするのを脅かすような場所なのではないか。もしそうであれば、戦争神経症と同じようなことが起きてもおかしくないのではないか。
 
国家は、戦争がはじまったら兵隊になるような考え方を持たせるし、経済成長がはじまれば、産業戦士に育成していく。学校は、そういう考え方を植えつけていくためのシステムにすぎないのです。
(フォロ1周年記念集会・講演録「不登校は文化の森の入口」より)
 
そういう意味では、いまの社会に不登校というかたちで反応を示した人が、働くことができないと反応するのは、当たり前といえば、当たり前のことだ。しかし、この戦場には外部がない。いやおうなく巻き込まれてしまっている。徴兵=就労を拒否しようとするならば、「病気」だとか「障害」だとかの、免罪符が必要になる(実際は、それも免罪符にはならないけれども)。良心的懲兵=就労拒否の道はあるのか?
 
結局、徴兵とちがうのは、拒否したところで、それは自己責任で片づけられてしまうことだろう。拒否する人を支えるものは、家族しかない。だから、ひきこもらざるを得ない。家族の支えのない人は、ひきこもること=拒否すらもできない。大ざっぱにイメージだけで言えば、戦場ではない世界に生きようとするならば、必要なのは、家族を超えた、おたがいさまの関係だろう。NPO=非営利活動というのは、そういう活動のはずではないのか。
 
しかし、それは市場経済の外部にあるのではない。市場に覆い尽くされてしまった社会の内部にあって、イメージしていくほかない。
 
青臭いようだけど、ジョン・レノンが“Imagine”と歌ったように、まずは想像することからしか、始まらないのだ、きっと。

 

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]