忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

づら研で思ったこと―ひげ面の万年一等兵

メンバーのひとりから、「実際問題、あなた自身はどうなんだ?」というような問いかけをもらった。
 
私自身の現状を言えば、NPO活動を続けてきた結果、“NPOプア”状態で、NPO活動だけでは食べていけないので、34歳から年長フリーターに参入し、つい最近までバイトしながら食いつないできた(最近、引っ越しのためバイトは辞めたところ)。
 
いわば半身でカネを稼ぎ(しかし低賃金!)、半身でNPO、部分的に魂を売りながら、なんとか活動を続けているというのが、正直なところだ。それで継続的に身が持つのかといえば、はなはだ疑問だが、居直って言えば、それが成り立たないような社会はおかしいのだ。
 
鶴見俊輔が、何かの著書で、「ひげ面の兵隊は信じられる」というようなことを書いていた。戦争目的を疑うことなく信じている若いエリートが一番危なくて、年輩でひげ面の、厭戦的でやる気のない万年一等兵とかが、いちばん信じられる。徴兵自体は避けられず、いやおうなく戦争に巻き込まれたなかで、半身で身を処して生き抜いている。そういう人は、やみくもに人を殴ったりしない。たしか、そんな話だった。
 
私もたぶん、ひげ面の万年一等兵だ(ひげは生やしてないけど)。バイトなどをしていると、そういう人に出会ったりすることもある。空間自体は“戦場”でも、そこに生きているのは人だ。戦争関係ではない人間関係は、細くても結びうる。そんなふうに思う。
 
いやおうなく巻き込まれながらも、半身でズラしつつ、戦場ではない世界を想像し、つむいでいく。自分のスタンスを問われるなら、そういうことになるだろうか。いささか、きれいに言い過ぎてはいるけれども……。
 

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]