忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

大阪市トンデモ条例について-2

このトンデモ条例の逐条について、松永英明さんという方が下記サイトでかなり的確に批判している。
 
なので、ここでは少し別の角度で考えてみたい。
このトンデモ条例をトンデモと思う人が大勢ならいいのだが、世間一般ではどうだろう。ここで問題視されている発達障害や不登校、ひきこもり、虐待、非行の当事者や実際に関わっている人ならば、トンデモと思うだろうが(そうあってほしい!)、世間的には、「やっぱり親が問題だからね」で受けいれられてしまいそうな気がして怖い。
 
トンデモ条例は、いまの子どもの問題と思われるものを列挙して、すべて「親心の喪失と親の保護能力の衰退」のせいにして、伝統的子育ての復権を説く。ここには、いまの社会への不安やムカツキがあるように思える。古い共同体は解体され、核家族さえもバラバラ、個々人が砂のように結びつきを失って、消費者としてしか生きられない。商品価値のない人は存在価値がないような社会で、自分という存在がどこにも受けとめられない不安、渇きがある。このムカツキは、よくわかる。私のなかにだってある。
 
問題なのは、このムカツキから、一部の「問題」とみなす人を排除し、過去を幻想的に美化して、復古を唱えていることだろう。それは心情的には受けいれられやすい。自分を問わずにすむし、不安やムカツキを簡単に吐き出せるから。トンデモ条例はほんとうにトンデモなので叩かないといけないが、こういう構図があるかぎり、モグラ叩きみたいなもので、いくら叩いても別のトンデモが出てくるだろう。
(つづく)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]