忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


大阪市家庭教育支援条例案と条例・法律による「親学」推進に関する緊急アピール

大阪市家庭教育支援条例案と
条例・法律による「親学」推進に関する緊急アピール
 
 5月1日、大阪維新の会大阪市会議員団が「家庭教育支援条例」の議会提出を検討していると公表し、各方面から批判が続出、7日には白紙撤回を表明した。しかし、この条例案は根本的に大きな問題と危険をはらんでいる。また、条例案の背後には国政での動きもある。この4月には超党派国会議員による親学推進議員連盟が発足しており、「『親学』を推進する法律の年内制定を目指し、政府に推進本部を設置することや、地方自治体での条例制定、国民運動の推進」を謳っている。大阪だけの問題ではないのだ。私たちは、大阪市条例案の完全撤回を求めるとともに、この条例案の出処である埼玉県など他の自治体における「親学」推進の取り組み、国会における議員連盟の動向にも強く懸念を表明する。
 
 同条例案は「乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発」「それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与している」「親心の喪失と親の保護能力の衰退が根本問題」「わが国の伝統的子育てによって発達障害は予防、防止できる」としていた。
 問題は発達障害への無知にとどまるものではない。不登校、ひきこもり、虐待、非行など、子どもに関わる問題を十把一絡げに列挙し、その原因を「親心の喪失と親の保護能力の衰退」に求め、親への強制をともなう教育を謳っていたのだ。これは暴論と言わざるを得ない。
 たとえば不登校は、80年代までは本人の「神経症、消極的な性格」や「父親に男らしさが欠ける」など親の養育態度の問題とされていた。そこでは、子どもが不登校というかたちで訴えた問いが、個人の資質や家庭環境のせいにされてしまっていたのである。しかし、1992年には文部省も「誰にでも起こりうる」と認識を転換している。子どもが行けなくなるような学校のあり方を問わず、親の養育態度の問題とのみ捉えるのは時代錯誤というほかない。この条例案は、個々の問題への見識がないままに、すべてを短絡的に「親心の喪失と親の保護能力の衰退」に結びつけている。
 もっとも、前文に書かれた「子供の『育ち』が著しく損なわれている今日、子供の健全な成長と発達を保障するという観点に立脚した、親の学び・親育ちを支援する施策が必要とされている。それは、経済の物差しから幸福の物差しへの転換でもある」という問題意識そのものには、共有できるものがある。しかし、「親の学び・親育ち」と言いながら、その内実は道徳的に現在の親を断罪し、「伝統的子育て」の復権を説くものでしかない。また、親学推進協会の考えを受け売りしているもので、特定団体の思想を全面的に行政が支援し、条例によって家庭に介入し、価値観を押しつけるものとなっている。
 親を支援しようというのならば、「親心」を「教育」するのではなく、親の置かれている状況を改善し、子育て支援策を拡充するものでなければならないはずだ。しかし、大阪市は、学童保育への補助金廃止や子どもの家事業の廃止、ファミリーサポート事業の縮小など、次々に子育て支援策の縮小削減を打ち出している。実際には、行政が親を追いつめているというのが現状だ。
 「親心」を「教育」するなどという、しかも強制をともなう条例など、いらない。私たちは条例案の修正ではなく完全な撤回と、「親学」推進の中止を求める。また、「子供の健全な成長と発達を保障する」というならば、子どもに関わる事業の縮小削減を取りやめ、むしろ拡充することを求める。
 
2012年5月8日
特定非営利活動法人フォロ、不登校政策を考える市民ネットワーク大阪、結空間、小野洋(スロースペース・ラミ代表)、住友剛、中尾安余(結空間)中林和子(ふぉーらいふ)、花井紀子(フォロ代表理事)、宮田裕介、南口洋、宮野善靖(フォロ理事)、山下耕平(フォロ・全国不登校新聞社)、山田潤(学校に行かない子と親の会・大阪)、吉田充伸、湯上俊男(フリースクール・フォロ)、神戸フリースクール、子育て・不登校支援ネット クロスロード、嶋田香弥子(クロスロード代表)、伊藤慶子、伊藤樹、貴戸理恵、谷口志津江、村上悦子、島野加代子、おーまきちまき
 
※順次賛同者は列記します。

→PDF版

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by NONAME
  • 2012/05/09(Wed)19:14
  • Edit
 

無題

  • by yamane
  • 2012/05/09(Wed)22:39
  • Edit
拝見させていただきました。
子育て支援センターに勤めております。
保育園や幼稚園での勤務経験もあります。
自宅で教室もひらいています。
私もいまの子育て事情や、グレーゾーンの子供の増加、不登校児童など、気になる事は多々あります。
ただ、近年、子育て支援の拡充に力をいれていた事が、提供する側と支援をうける側の考えが大きくずれているように思います。
支援もしすぎて、子育てを楽しすぎで
いざとなったとき、負担に思ってしまう方が増えたようにおもいます。
支援が怠慢をまねいているような・・・
それに、高度経済成長の後から、
商品開発も盛んになり、開発、工夫が、手抜きにつながり、経験すべき事象を経験せずに育ったのも
大きな問題ではないでしょうか。
政治家の方々など、視点が違うように思います。
人間教育が行き届いていないんです。
子育て家庭だけでなく、祖父母の対応も大きな問題です。
もう少し、視点を変えて考えてみてくださる方がいて、
社会の軌道修正してくださる事を
子育て支援しながら、祈っております。
勝手な意見を長々と失礼いたしました。

ご返信

  • by 山下耕平
  • 2012/05/10(Thu)20:12
  • Edit
市場原理が行きすぎているのは確かに、その通りだと思います。しかし、親心を条例や法律によって教え込むなどというのは不可能であるばかりか恐ろしいことだと思います。社会の軌道修正とは、子ども・親の環境を変えていくことにあるのではないでしょうか。能力主義、自己責任一辺倒の社会は、「社会」とは言えないでしょう。ちょっとバタバタしていて、言葉足らずのお応えしかできませんが、ご容赦ください。といりそぎ。

無題

  • by おーまきちまき
  • 2012/07/10(Tue)21:55
  • Edit
おくればせながら、賛同人の一員にくわえてくださいませんか?
おそくってすみません!!!

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]