忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

処分される犬たち

犬の管理事務所を見学させてもらった。大阪府の管理事務所では、府下(大阪市、堺市、東大阪市、高槻市をのぞく)の野良犬や飼えなくなった犬を回収し、処分している。犬猫が処分されていることは知っていたが、実際に見聞きすると、知らないことがたくさんあった。

犬猫が管理されている部屋は、地下にある。ほえ声などが近所迷惑になるためだ。大きなリフトで地下に降り、部屋に入ると、湿り気のある動物のにおいが鼻についた。
ここに回収されてきた犬猫は、3日間、抑留されたあと、炭酸ガスで処分される(府下の保健所から移送されてくる場合は、公示期間などを含め、7日の猶予がある)。



犬たちは雑居房に集められ、1日目、2日目、3日目と檻を移される。そして、そのすぐ横に処理機がある。
犬たちは、私たちが入ると、いっせいに、こちらに向かってきた。檻に入れられた犬と目が合うと、なんとも言えない気持ちになった。しかし、それは飼い犬だからだそうで、野犬の場合だと、檻に入れられると、まったく動かなくなるそうだ。また、いわゆる野犬は、現在では、ほとんどいなくなったという。

府は、飼えなくなった犬猫の引き取りが申請された場合は、引き取る義務がある。その場合の引き取り料は、成犬で1頭1500円。子犬は10匹単位で1400円。逆に、捕獲された犬を返還してもらうときは、3900円(+1日250円のエサ代)がかかる。
また、94年以降、大学や研究機関に、実験動物として払い下げることはなくなった。これは、法律上の規定ではなく、世論の影響で、全国的にそういう傾向となっているようだ。

私はペットブームの裏で、捨てられる犬猫が増えているのではないかと思っていたのだが、実際には、その逆で、捕獲数・引き取り数とも、近年、激減している。90年には捕獲数5678頭、引き取り数8110頭だったが、05年では捕獲数757頭、引き取り数961頭と、10分の1までに減っている。管理事務所の方は、「ペットを最期まで世話する気風が根づいたのではないか」と話していた。その一方で、犬の認知症も増えて、それを理由に処分を依頼することも増えてきたそうだ。
また、いまや子犬はペットショップで買うものになっていて、そこらでは手に入らなくなっているそうだ。そのため、子犬の譲渡依頼はとても多く、常に待機者がいるとのことだった。

いろいろ、知らないこともたくさんあって、勉強になった。
しかし、そもそも犬猫と人間との関係って、なんだろうと、あらためて考えると不思議だ。「動物愛護」というが、その愛とは何だろうか?
犬も猫も、放っておけば野生化して生きていくにちがいない。いま、街から野生の犬は消えている。日本は世界でも稀有の、狂犬病のない国だそうだ。それは、衛生的にはプラスのことだろうが、人間と動物の関係ということで考えたら、とても奇妙なことだと思う。
私は、以前にインドに行ったことがあるが、インドの街では、野犬どころか、野牛が車道をのうのうと歩いていた。そのせいか、インドの街には、むせるような熱気と活気があった。日本の街(人)は、とても衛生的だが、どこか空虚になっているように感じる。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]