忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

づら研:当事者研究のあり方について

前回、1月のづら研は、あらためて当事者研究のあり方について考え合った。
そこで出てきた課題を箇条書きで記しておきたい。

・「わかる、わかる」ではなく、自分がわからないこと、自分とちがいがあるときの作法について
→丁重に扱ってほしい。

・「わからないこと」の研究もしてみる? 何がわからないか書いてみる。

・段階はあるのでは?→まずは、自分の気持ちをはき出せる場が必要だし、それを受けとめてもらうことが必要。

・自分の気持ちは聴いてほしいけど、自分は他者の気持ちを聴けるのか?

・二次被害の問題(避けるには? 起きたときの対処は?)

・関係をつくる作法?(敵/味方の両極ではない)

・異文化交流が大事。

・づら研参加とレポートを書くことのあいだ、プロセスにできる工夫はないか?

・「自分は当事者なのかな?」問題。

・生きづらさを見つけるまでのプロセス→名前をつけることから?

・聴く耳の持ち方。

・記録について。当日のようすについて、どう残すのか残さないのか。

・もめごとも分かち合えるか?

・「あの生きづらさ、どうなりました?」をやりたい。

・づら研シニア会を開いてはどうか?

・べてるの家のような当事者研究の取り組みについて。
→これまでは、やったことがない。KJ法を組み入れながらやってみる?

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]