忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

何のために働くのか?

 今日のサロンでは、働くことをテーマに話し合った。まずは、上野千鶴子へのインタビュー記事(不登校新聞)をネタにさせていただいた。インタビューで上野は、日本型雇用が戦後の一時期に一部の大企業のみで成り立っていた雇用形態であること、それが歴史的にみて崩壊していることを、鮮やかに語っていた。そして、家族が父親という1本の大黒柱に頼るのではなく、複数の収入源をもったり、お金にならないことも含めて、生活のなかに、いろんな柱を持つことが望ましいことなどを語っていた。

参加者からは、「なぜ、正社員になりたいのかわからない。安定していることが、そんなにいいことなのか? 自分は、本当にやりがいのあることに自分を賭けたい。終身雇用なんかで、40年も先まで見えてしまったら、むしろ、ぞっとする」といった意見や、「お金をそんなに稼ぎたいとは思わない。ムリせず働いて、仕事は楽なほうがいい。だけど、仕事以外でも、生きがいがほしい」、「自分の親をみていて、お金のことばかりを考えているようで、イヤになる」など、働くことについて、お金よりも大切にしたい価値や生きがいを求めるような声が多かった。話は、労働のことだけではなく、家族のあり方や社会構造の変化など、多岐にわたって、なかなかおもしろかった。

いろんな面で、60~90年代くらいまでに成り立っていたシステムは、崩壊している。お金さえあれば、このズタズタの社会でも、表面的にはやっていけるが、関係のうえでは、ものすごく貧困な社会になっていると思う。そして、言葉には表しにくいような、モヤモヤとした不安が肥大している。
じゃあ、どうしたらいいのかと考えたとき、核家族や個人に閉じないで、いろんな関係をつくっていくことが必要なんだと、私は思う。根無し草の私たちが、あちこちで、お金には換えがたい関係を結んでいくこと。コムニタス・フォロも、その試みの一つだ。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

根無し草でもいいじゃない

  • by ワタリ
  • URL
  • 2007/02/09(Fri)22:18
  • Edit
根無し草ってるるぶの屋久島で写真だけは見たことがあります。
そういう種類の植物もいるんですね。

市場じゃないところがないと人間やっていけない。なのにヲルマイターゼーションが地域商店街を焼き払ったり、車をもたないと不便な都市設計があらためられないどころか徹底化されるなどおかしなことになっている。

おまけに、日本はアメリカにはコンピューター・ナノ・バイオなどの産業で乗り遅れ、ヨーロッパ・カナダのような文化防衛もできず、韓国・中国に比してオタク文化支援にも十数年は乗り遅れている。
これほど「憎いし苦痛」な国にしておいて若者がダメだのもっと子どもを産めだの、もっと就職しろだの言うのはやはり憎いし苦痛。
Conviviencialityのための道具としてインターネットがあり、最近はコムニタスフォロもできた。
これからいっぱいいろんな動きが出てくるといいな。
自分もその一員になって作ってゆくんだ。


TRACKBACK

Trackback URL:

フリーターって新しい職?

  • URL
  • 2007/02/09(Fri)
   いいえ、違います。何でも新しくなければならない、という強迫観念に満ちたネオコンの潮流が、古いものをも「新しい」としているいい例です。  フリーターには歴史・伝統の中に先人がいます。 ひとつは古代ギリシャのデーミオエルゴーイ。国民のために働く者たちという意味です。 使者、巫女、職人、医師などがそうです。彼(女)らは、ホメロスの時代までは尊敬され、社会的な地位も高かったのです。(杉浦芳美「よい仕事の思想ーー新しい仕事倫理のためにーー」中公新書1997)  日本でも渡りの奉公人がいました。江戸時代になって...

2/24シンポジウム『偽装「再チャレンジ」~自己責任論を超えて~』

  • URL
  • 2007/02/15(Thu)
2月24日(土)、POSSE第2回シンポジウムを開催します。 テーマは「再チャレンジ」、そして労働法制度の改正、いわゆる「労働ビッグバン」。パネリストは雨宮処凛さん(作家)、酒井隆史さん(社会思想史)、後藤道夫さん(現代社会論)です。

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]