忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

ゴミの埋立地

IMG_4709.JPG
大阪市のゴミ埋立地(北港処分地)を見学させていただいた。夢洲(ゆめしま)と名づけられた島のうち、73万㎡(甲子園18個分)が、ゴミの埋立に使われている。
橋を渡って検問を通過すると、そこには別世界が広がっていた。何と言ったらいいのだろう。広大な土のひろがりがある。かといって自然というわけでもない。何から何まで(地面まで!)人造されているものなのに、標識やアスファルトや、都市的な要素のまったくない広大な土のひろがり。それは、何とも形容しがたい、ひろがりだった。



島の先端に管理事務所があり、まずは、そこでレクチャーを受けた。
大阪市のゴミの量は年間164万トン。そのうち33万トンが焼却残滓として残る。考えてみれば当たり前のことだが、ゴミは燃やしたからといってなくなるわけではない。総量の20%は残るのだ。北港処分地には、この焼却残滓のうち23万トンと、下水の焼却灰1万7000トンが埋め立てられている。うかつにも私は知らなかったが、下水も、焼却処理した後には汚泥が残るのだ。それが、ここに埋め立てられている。
北港処分地での埋め立てが始まったのは1985年から。現在、86%まで埋め立てられているが、今のペースなら、まだ20年近くはもつという。ゴミの量は、バブルのころを境に、少しずつ減ってはきている。2000年までは、燃やせないゴミを、そのまま埋め立てていて、それは2mの厚みで浮かんでいたという。そのため作業は困難で、作業車両が沈み込むこともあったそうだ。

埋め立てには、とても手の込んだ作業が必要だ。まず、海底の地盤改良のために、海底に3.5m間隔で杭を打ち込む。そうやって水を吸い上げないと、埋め立て地が地滑りを起こしてしまうそうだ。そして、ゴミを3m埋め立てるごとに、50cmの山土で覆土し、サンドイッチのように埋め立てていく。そうしないと、ハエが大量発生したり、メタンガスで火災が発生してしまう。かつては事務所のなかにいても、ハエのなかでご飯を食べるような状況だったそうだ。山土は、小豆島や家島から購入し、年間3~4万トンを使用する。そのために島の姿は変わってしまったという。ゴミを処分するにも、膨大な作業と、お金と、資源(山土)が必要なのだ。
レクチャーをしてくださった職員の方は「ほんとうは生ゴミを山に埋めたほうがいいんです。自然に還るわけですから。しかし、量が多すぎて、そういうわけにはいかなくなったわけですね」と語っていた。

IMG_4714.JPG1時間ほどのレクチャーのあと、管理事務所の車で処分地内を見学させていただいた。
広大な土の広がりのなかに、ポツポツとパイプが立っている。メタンガスを抜くためのパイプだ。パイプ口に手をかざすと、たしかに温かなメタンガスが出ていた。
覆土する前のところにいくと、焼却残滓のようすがよくわかった。燃え切らずに残ったキャベツの芯があったり、空き缶やビンなどもたくさんある。処分地にはカラスがたくさんいたが、それは焼け残った食べ物があるからだそうだ。職員の方いわく「焼け具合がちょうどいいのでは(笑)」。
下水を焼却したあとの汚泥は、赤茶けた土となっていて、近づくと臭いもしたが、さほど強い臭いではなかった。おもしろかったのは、汚泥を埋め立てたところで、野菜を栽培していたこと。なるほど肥料は抜群だろう。
IMG_4710.JPG
(左上写真は焼却残滓/左下は下水焼却後の汚泥)

埋め立て地からは、市内のきらびやかなビル群が目に入る。海を隔てて別世界が広がっている。そして、その市内の街々から、毎日、膨大量のゴミが処分され、水路と陸路で、ここに運び込まれている。すでに、この島は、二つ目の埋め立て地。しかも、大阪市のゴミだけ(!)での話である。現在、新島も造成されている。たかだか数十年で、目もくらむほどのゴミが島をつくった。これは一体何なのか――。モンスターのように資源を喰らい、膨大量を排泄する私たちの生活。根本的に、私たちの生活のあり方はまちがっているのだろう。

処分地は、風が強く、とても寒かった。「これでも、おだやかなほうです。ここは暑いか寒いかで、いい季節はほとんどありません」と職員の方は話していた。
いろいろ感じること、考えることはたくさんあったが、何より、作業している方々に頭の下がる思いがした。

追記:この処分地は、大阪オリンピックの候補地だったそうだ。もし決定していたら、ゴミの上に廃墟をつくっていたことだろう。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]