忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

ゴミの話のつづき

ゴミの埋立地を見学させていただいてから、ゴミとは何だろうかと改めて考えていた。ゴミと一口に言っても、食べ物の残りや、紙くず、空き缶、粗大ゴミなど、実にさまざまだ。埋立地には、下水を処理したあとの汚泥も含まれていた。そういえば、少し前に見学させていただいた犬管理事務所で処分された犬猫も、焼却処理されると聞いた。とすると、彼らのお骨も埋め立てられているにちがいない。ありとあらゆるものが、ゴミとなっている。

しかし、ちょっと考えてみると、ゴミがゴミたるゆえんは、循環しないことだと言える。食べ物の残りや、排泄物、動物の死体などは、本来、自然に還るものだ。埋立地の職員の方も、「ほんとうは生ゴミを山に埋めたほうがいいんです。自然に還るわけですから。しかし、量が多すぎて、そういうわけにはいかなくなったわけです」と語っていた。自然に還れば、それはゴミではなく、次のいのちの営みへ活きる源となる。それをむざむざ焼いて埋め立てているのだ。カンやビン、紙くずなどはリサイクル可能のものだし、循環していればゴミにはならない。

さらに考えると、このゴミのもとの多くは、海外から来ていることに気づく。日本の食料自給率は40%(カロリーベース)。60%は海外から来ている。紙や鉄鋼資源は言うまでもない。日本では、莫大な資源を海外から持ち込んで、循環させることなく廃棄している。莫大量ゆえに循環できないとも言えるだろう。あたりまえのことだが、これはヘンだ。循環できずに蓄積されていくゴミは、浮かばれない亡霊のようではないか。莫大なエネルギーを使って高速度で回転する都市社会は、途方もない闇を抱えているのかもしれない。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]