忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

9.9集会の感想

先日の“ますます不登校の子どもが追いつめられる!? 9.9「多様な教育機会確保法案」緊急大検討会”は、豪雨のなか、100名ほどの参加があり、会場は満席だった。

話題提供者は、石井小夜子さん(弁護士)、内田良子さん(カウンセラー・子ども相談室モモの部屋主宰)、私(山下)、桜井智恵子さん(大阪大谷大学教授)、石川憲彦さん(精神科医)。これまで、なかなか議論できなかった、法案をめぐる、そもそもの論点がいろいろ提起され、非常におもしろかった。

いま、時間的余裕がまったくなく、きちんと報告を書くことができないので、くわしくは近日中に下記に動画や記録がアップされるはずなので、参照いただきたい。


私の感想を一言で言えば、この法案を問う以前に、逆に、この法案(をめぐる動き)によって、私たちが問われているということだ。「多様な教育」とは何なのか、「フリースクール」とは何なのか、「普通教育」とは何なのか、「公共性」とは何なのかなど、時代状況の変化のなかで、さまざまなことが問われている。

少なくとも、「多様な教育」とは何なのか、広く共有できるコンセンサスは必要だろう。それが未成熟であるがゆえに、たとえば個別学習計画をめぐっても、「なんでもあり」か「学校化」かといった構図になってしまっているのだ。


それと、「異論を表明することが運動の分断になっているのでは?」という疑問も投げかけられたが、私は分断になっているとは思っていない。多様な教育と言いながら、多様な意見が出てきたら分断になるなんてことであれば、未成熟もはなはだしい。この法案をめぐって、異なる意見が噴出ていることは、よいことだ。それを結論ありきで対立するのではなくて、これを機会にきちんと議論しなければならない(だから、法案は拙速に国会に上程してはならない)。そうでなければ、法案がどうなろうと、「フリースクール」に未来はないだろう。(山下耕平)


『地方自治職員研修』(公職研)から原稿依頼があって、10月号に、この法案について書いている。それと、『はらっぱ』(子ども情報研究センター)8月にも、法案について書いた。ご参考まで。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]