忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

刑務所見学

2月9日、大阪刑務所を見学させていただいた。いろいろ感じること、考えることがあったが、とりあえず、今日はテーマをしぼって書いてみたい。

大阪刑務所は、日本で2番目の収容規模を誇るが、現在は定員2704名に対し、3000名を超える状態が続いている。そのため、単独室(6㎡)でも2名収容したり、6名定員の共同室(20㎡)に7~8名収容している状態となっている。さらに、職員がほとんど増員されていないため(職員数547名)、さまざまな無理が生じている。たとえば、受刑者側からすれば、より管理的に扱われることになっているし、刑務官側からすれば、過重労働になっている。
1995年の大阪刑務所の収容人数は1810名、それが2006年では3041名にまで増えている。12年で1.7倍にも増えているのである。日本全体でみても、刑務所の収容定員7万7500名に対し、受刑者は8万名にのぼる。

なぜ、こんなにも受刑者が増えているのか。そこが問題だ。
大阪刑務所の罪名別構成比をみると、覚醒剤が39%、窃盗が30%、およそ7割が微罪である。大阪刑務所は「犯罪傾向の進んだ成人男子」をおもに収容しているのだが、その刑務所にして、7割が微罪。しかも、受刑者のうち、再入所者の割合は7割に及び、平均入所回数(日本人)は4.3回だった(外国人は1回)。高齢者も多く、60歳以上が14%を占める。そして、精神や身体に何らかの障害を持つ受刑者が全体の34%を占めていた。
説明してくれた刑務官も、「社会的弱者が刑務所に来ている」と語っていた。

受刑者が刑務所の定員を超えるまで増えているのは、日本の治安が悪くなったからではなく、刑務所以外に行き場のない社会的弱者が増えているということだ。受刑者の増加も、社会関係の貧困化を示すバロメーターの一つだと言えるだろう。
これが、刑務所で「更生」する問題でないことは、再入所率の高さをみても明白だ。必要なのは、このガリガリに細ってしまった社会関係を、少しずつでも耕していくことしかない。
先日、野宿者排除と“引きこもり狩り”との共通性について書いたが、刑務所に行って見えてきたものも、社会関係の貧困の実態だった。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 宮田
  • URL
  • 2007/02/14(Wed)01:33
  • Edit
こんばんわ。
ちょくちょく見に来るんだけど・・・
今回は、コメントをと
次のをアップしてからにしようと思ったのですが、がまん出来ずに・・・・(あー!)
この前は、大勢の人が来て良かった良かった!
あの会場の広さで少人数はきついもんね(苦笑)
最近は本当に調子がよく
我ながらビックリしておるのですよ!
向さんに・・・・・・・・
メールします。
目に優しいグリーンにしたよ!

無題

  • by NONAME
  • 2008/09/13(Sat)11:39
  • Edit
はじめまして
最近官民ともに頭おかしいですよ
ヤクザやオウム真理教に対し、無理な法解釈、微罪で逮捕するというのは有名ですよね
それも問題ですが、最近普通の民間人も同様の罪状で逮捕しまくっています
幇助とかでなんでもかんでも逮捕していきます
検挙率増加の為なんでしょうね
更に、細かい法律もどんどんできているし
刑務所で更正を求めるといっても「俺、なんか悪いことしたの?」って人、多いですよ

Re:無題

  • by なるにわ
  • 2008/09/14 13:20
コメント、ありがとうございました。
社会的弱者が、ほかに行き場がなく刑務所に収容されているのも問題ですが、おっしゃるような問題も、たしかにあるでしょうね。自衛隊官舎に反戦ビラをポスティングしただけで有罪になった事件もありましたし……。微罪逮捕は、それ自体問題ですが、その判断を権力の側がフリーハンドにできるということが、もっとも怖いと思います。

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]