忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

野宿者夜回りに参加して

今日のサロンでは、野宿者ネットワーク代表の生田武志さんにお越しいただき、野宿者の問題について、3時間にわたってお話しいただいた。そして、その後、同ネットワークの夜回りに参加させていただいた。 生田さんのお話には、学ぶことがたくさんあったが、まとめるのに少し時間も要るので、その報告は後日にさせていただき、さしあたって今日は、夜回りに参加しての感想を書いておきたい。

夜回りというのは、野宿している方々に声をかけて回り、襲撃の有無をたずねたり、医療や炊き出しについての情報を伝えて回ることだ。おにぎりなどを配っている団体もあるが、野宿者ネットワークでは、話を聞いたり、伝えたりすることを行なっている。つい先日も、放火事件があったとのことだった。
私たちが回らせていただいたのは日本橋界隈。19時半に釜ヶ崎の「ふるさとの家」に集合し、20時ごろから22時ごろまで、夜回りをした。三々五々にわかれ、私は裏道のほうを回らせていただいた。ふだんだったら気づかないような場所、軒下や高架下に、ポツポツと、段ボールで小さな寝床をつくって寝ている人たちがいる。「野宿者ネットワークです。おかわりありませんか?」と支援者の男性が声をかけると、しばらしくして、毛布のなかから、モゾモゾと顔を出して「ご苦労さん、ありがとう。大丈夫やで」といった返事が返ってくる。なかには、行政の人間に「こんなところにいたらアカン、立ち退け」と言われた人もいて、「どこ行けっていうんねや!」と憤慨しながら語る人もいた。立ち退けと言われても、行く場所がないからこそ路上に寝ているのだ。
説明を受けながら歩いていると、高架下など雨露のしのげそうな場所のあちこちに、フェンスや突起があって、寝場所を確保できないように細工してある。水を撒いているところもあって、つめたい悪意を感じた。それが行政によって、お金がかけられた悪意であることが、許しがたい。
今晩は、ひさしぶりに冷え込み、つめたい雨の降る夜だった。なんばの明るいネオンの影で、ひっそりと暗がりに寝床をかまえる人たち。声をかけてまわるというのは、とても地道な、ささやかな支援かもしれない。しかし、孤立して路上に寝ている人にとって、つながりがあるということは、どれほど大切なことだろう。夜回りを続けている方々に、頭の下がる思いがすると同時に、自分たちの問題として、どう考えられるか、つらつらと考えていた。「いい経験をさせてもらった」というような、自己満足で終わりにはしたくない。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

自分の

  • by まさおか
  • 2007/02/18(Sun)15:03
  • Edit
自分の未来の姿かなと思った。自分もホームレスになるかも。

その後「自分の住んでる環境がどれだけましか」って思った。

>いい経験をさせてもらった」というような、自己満足で終わりにはしたくない

私は自己満足と「こんなふうになりたくない」という本音が出た。怖かった。

今回の事

  • by みやすけ
  • URL
  • 2007/02/18(Sun)18:59
  • Edit
今回、生田さんの話を聞いて
「ああ・・・、一歩崖から足を滑らすと、戻りにくいのかな・・・」
なんて思ったのでした。
ホームレスの人に対しての表現が難しいのだけど・・・
なりたいとも言えないし・・・
あーーー(惑)
そういえばトラックバック来てるね。
面白い本を探求中
みやすけ(宮田)でしたー。

無題

  • by ますおかさんへ
  • URL
  • 2007/02/18(Sun)19:02
  • Edit
未来はおぼろな世界だから
絶望してそうなるよりも
自分の力で変えて行かなくてはダメだよ。
宮田

もちろんです

  • by まさおか
  • 2007/02/19(Mon)14:21
  • Edit
>宮田君
そのために私今、現実を見て「自立」するために、色々な資格取ったり自分なりに自分のペースでゆっくりと準備しています。小さなものからこつこつと慣らしています。

ありがとうございます。

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]