忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

セミ&コオロギ祭り!

8月6日、今年もセミ祭りを開くことができました。
3人でなるにわ近くの公園2カ所をまわり、1時間くらいで40匹ほど捕獲。時期的なものもあると思いますが、今年はクマゼミが多かったです。

セミは軽く湯通しして絞めたあと、オーブンで水分を飛ばしてから、半分は素揚げに、もう半分はオリーブオイルとチーズをかけ、再びオーブンで焼き上げました。

クマゼミは、やはり外骨格がしっかりしていて殻の噛みごたえがありますが、中身はしっかりとエビフライの尻尾付近のような、肉の味がします。

アブラゼミは、殻は薄く味はさっぱりしていて、どこか淡水に生息するエビのような味でした。どちらもビールに合いそうです。

また、今年はセミ以外の食材も食べてみようということで、コオロギの粉末を20%配合した、コオロギ・ショートパスタを用意しました。こちらは、山下さん曰く「森をイメージした」という、アボカドやマッシュルームなどキノコ3種、鶏挽き肉などの入った、濃いめのクリームパスタに。こげ茶色のパスタからは、以前に食べたカイコのさなぎに近いような、土っぽい風味がわずかにするものの、言われなければ「このパスタの色はきっと全粒粉を使っているからだろう」と思ってしまうくらい、違和感なくおいしくいただくことができました。

昆虫食の魅力は、狭い土地で養殖や捕獲ができ、かつ与える飼料の量が牛や豚と比べわずかで済み、温室効果ガスの排出量も少ないなどいろいろあるみたいですが、私は、生き物を捕まえ、そして殺して食べるという過程が、都市部にいながらすべて体験できるところにあると思います。

そして、今年も、セミの捕獲に夢中になりすぎて、体じゅうを蚊に刺されました。セミを「食べる」だけでなく、私も蚊に「食われてしまった」のです。ヒトが食物連鎖の頂点だなんてことはけっしてなく、生き物として、ときには食い、ときには食われる存在なんだなと、あらためて実感しました。

セミ祭り、来年も開催予定です。
今回参加した方もできなかった方も、よかったらぜひぜひ。

ごちそうさまでした。

(谷口)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]