忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

づら研:身体は何と言っているかSP

今日のづら研は、身体は何と言っているかSPでした。

参加者それぞれが、どんなときに、身体が何を言っているかをホワイトボードに書き出してみて、ながめてみました。

今回は、ちゃんとまとめる余裕がないので、ざっくりまとめてしまうと、以下のような感じでした。


●どういうとき?

・緊張したりストレスを感じる場面になるとき。
・あるいは、その前(学校や仕事に行く前など)。
・情報が多いとき、街中や人混みなど。
・心配や不安のあるとき。人の目が気になるとき。
・天候や物音などの環境変化


●何を言っているか

・頭痛、不眠、立ちくらみなど。
・視覚過敏、聴覚過敏など。
・体温が上がる、下がる。
・呼吸が浅くなる。
・声が出にくくなる。しゃべれなくなる。
・胃腸系:オエッとなるなど。
・排泄系:トイレ頻回、汗(冷や汗、脂汗)
・泣く、笑う、あくびなど。
・そのほか、性欲が昂じる、漫然とだるい、人に共鳴してしまうなど。



大枠でいうと、緊張と弛緩(ゆるむ)があって、身体の反応は、緊張をゆるめようとして起きていることも多い感じでした。また、頭ではこうしなきゃと思っていても、身体が反応してしまってストップしてしまうということも多い。そこで、頭のほうに合わせてがんばってしまうと、こじれるので、身体のほうに合わせたほうがいい、ということも見えてきたように思います。


●自分なりの工夫

・胸をなぞりながら呼吸する。
・身体の一部をつめたいものにくっつける(アース線効果?)。
・散歩、寝る、お風呂など。
・人に話を聴いてもらう。
・集中しすぎないように、折り紙など、ほかのことをしながらにする。
・ぬいぐるみなどを抱くetc...。


また、片山洋次郎さんの本などを参照しながら、骨盤の話なども交えて、おしゃべりしました。

次回は12月12日(月)、テーマは「ズレがづらい」です。
(山下耕平)


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]