忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

本格ラーメン!

ramen.JPG
今日のサロンでは、元ラーメン屋さんのTさんが、ラーメンとチャーハンをつくってくださって、みんなでいただいた。
午後3時ごろから、仕込みに入る。まず鶏ガラをあく抜きして、タマネギ、白ネギ、干し椎茸、昆布、ミンチ肉、しょうが、セロリなどを、コトコトと煮ること3時間。ときどき鍋をのぞいたりしながら、次第に立ってくるスープのよい香りを嗅ぎながら、まったりとおしゃべりしながら過ごした。しかし、話は上の空。ほとんど意識は鍋に行っている。コトコトと時間も経っていく。ひたすら食べるのを待つ時間というのも、ふだんはなかなかない。

……途中でチャーシューができあがる。あまりのいい匂いに、それだけでも食べたくなってしまう。やがて、スーchashu.JPGプのできるころになると、にわかに慌ただしくなった。チャーハンをつくり、麺をゆで、スープをどんぶりに入れ、ゆであがった麺を入れて、もやしやチャーシューを盛りつけて、できあがり。「午後6時くらいから食べる段取りで」と話していたら、きっかり6時にできあがった。手際のよさに感心してしまう。しかし、まだ午後6時だというのに、すっかり空腹で、全身の気がラーメンに向かってる。
ラーメンは、おいしかった! ラーメンもチャーハンも、なんだか身に沁みておいしかった。食べているあいだは、みんな沈黙。ひたすら黙々と食べ続けていた。全員が食べ終わるまで、たった15分。食べるのはあっという間だ。ふつうにラーメン屋さんで食べても、こんなにはおいしくないだろう。Tさんの腕前はもちろんのこと、きっと過程ともども、おいしかったんだと思う。その後は、なんだか話し込んでしまって、気づけば夜も更けていた。
yakimeshi.JPG
先日のオトナの公園遊びについて、Kくんが「自分は身体で生きているんだと感じた」と話していたが、けっこうふだんは、身体で生きていることを忘れているなと思う。今回のラーメン企画も、ただ食べることを待ってたせいか、胃袋をずいぶん感じた。いや胃袋というのは正しくないか。ふだん何気なく食べているときとちがって、身体が食べ物を欲しているのを、すごく感じたのだ。これも、子どものときには、よくあった感覚のように思う。オトナはいつの間にか鈍化しているなと、つくづく思う。ちなみに、オトナの公園遊びの翌日、私は筋肉痛だった……。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by むかい
  • 2007/03/05(Mon)13:12
  • Edit
長い時間をかけて作っても15分で食べ終わってしまうのだからTさんの心境は複雑なんでしょうか?(笑) でも結果だけではなく、過程を楽しむ心の余裕を持つことが大切なんでしょうね。
時間に束縛されることは不幸だと感じる今日この頃です・・・

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]