忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

たき火

fire.JPG
今日は、たき火をしてきた。春を目前に、こちらからゆるんでやろうと、また「ゆる企画」である。しかし、大阪市内などにいると、たき火ひとつするのに、なかなか苦労する。公園ではたき火は禁止。街中では、そうそう火をたける場所もない。仕方ないので、わざわざ電車に乗って淀川の河川敷まで行き、たきぎや落ち葉を各自持ち寄って、たき火を囲んだ。
火というのは、つくづく不思議だ。子どものころに「火遊びをしてはいけない」と言われるのは、たんに防火のためではなく、火の不思議な魔力への畏れがあるように思う。形あるものが、またたくまに灰になり、光と熱になる。ちょっと触れれば、自分もやけどするし、危うい力がぼうぼうと吹き出している。それでいて、とても惹きつける力がある。第一、火というのが何なのか、いまだに私にはよくわからない。物理の好きなMくんは「それは分子が激しく運動していることです」という。そのとおりなのだろう。物質が激しく変化し、揺らぎ、だからきっと、こちらもざわつくのだ。う~ん、それにしても、火は捉えがたい。
結局、1時間半ほど、たき火を囲むことができた。お約束どおり、焼き芋をして、ほくほくの芋をいただいた。今回は、私の息子(6歳)も同伴したのだが、顔を真っ赤にして火のまわりで遊んでいた。場所さえあれば、たき火は、安上がりで心身ともに楽しめる上質な遊びだ。
次の「ゆる企画」は、ひたすら穴を掘る企画なんてのは、どうかと思っている。
(写真は雨乞い?をしているところ)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]