忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

『生きさせろ! 難民化する若者たち』

雨宮処凛が宣戦布告した。若者をいいように使い捨てにすることで莫大な利益をあげる大企業中心の社会に対して。若者を貧困状態に追い込みながら、若者を責め立てる社会に対して。かくも人が生きづらい構造をつくりだしている社会に対して。
『生きさせろ! 難民化する若者たち』は、怒りの書だ。若者の極度に不安定なフリーター生活や生きづらさが、じつは構造的に(意図的に)生み出されている問題であることを告発し、若者たちが反撃を開始することを宣言している。
著者は、フリーターが文字通りの貧困にさらされていること、正社員が過労自殺に追い込まれるほど忙殺(これも文字通り!)されていること、福祉行政が機能していないことなどを、丹念な取材をもとに描き出している。そこに暴き出されているのは、現在の新自由主義路線のなかで、若者がズタズタにされている姿だ。それは実に寒々とした、砂を噛むような光景だ。
また、著者は、フリーター労組や高円寺ニート組合の活動などを取り上げ、若者が自分を責めたり、現状をあきらめるのではなく、社会に向けて怒りを向けるべきであることを、満身の怒りを込めて語っている。

私自身のことを言えば、フリーター生活も「正社員」生活もしたことがない。大学を中退し、フリースクールや不登校新聞社といったNPO(当初はNPOという言葉はなかった)でフルタイムで働いてきた。収入はフリーター程度の低収入で、ときにはメチャクチャ多忙だったこともあるし、しんどいと感じることも多々あった。しかし、自分の考えをまともにぶつけて仕事ができ、意見をぶつけ合いながら信頼関係を築き、社会状況を切りひらいていく仕事は、お金には換えがたいものがある。お金にならないことにも、ずいぶん労力を注いできた。十年以上も、そういうふうに働いてこられたのは、ラッキーなことなのだろう。私は、まったくといっていいほど、疲弊はしていない。不安定ではあるし、先々のことはわからないが、なぜか悲観的にはならない。きっとそれは、家族以外に、お金には換えがたい関係を築いてこられたからだ。

若者が求めているものは、金銭面での安定ももちろんあるだろうが、それ以上に、お金には換えがたい関係であったり、仕事の意味だったりすると思う。この殺人的に過酷な状況を生みだしている源泉には、何のための仕事なのか、何を競争しているのか、誰もわからないままに、おたがいをズタズタに削り合っていく悪循環のスパイラルがあるように思う。(このあたりは、また別に書いてみたい。)

ともあれ、私も微力ながら、雨宮の宣戦布告に共闘の意を表明する。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by ワタリ
  • URL
  • 2007/03/31(Sat)13:31
  • Edit
若者といっても、年収50万円以下の層もいれば、300万円程度の層もいます。
すべてをひとくくりに世代論でものごとを語るのはいかがなものでしょうか?

書評

  • by ワタリ
  • URL
  • 2007/03/31(Sat)23:17
  • Edit
mixiでも書評が5つあがっています。
http://mixi.jp/view_item.pl?id=736670
mixiに加入している方しか見られません。見たいかたは、誰か直接の知り合いにmixiiに招待してもらってください。

TRACKBACK

Trackback URL:

日雇い派遣ワールドと一般社会

  • URL
  • 2007/03/31(Sat)
日雇い派遣ワールドというのは、一般社会から離れた世界である。 職場に書類がほとんどない。 たまに正社員の友人と会ったり、NPOなどの集まりにいくと、書類の山に驚くことになる。 そして、そこで働くうちに、少なくともわたしの場合は失語症とまではいかなくても、日本語の文法をスムーズに使えなくなってしまった。 「が」「は」「を」などの接続の意味・ニュアンスが分かりにくくなってしまう。意味は通じても、どこかおかしい風な言葉になってしまう。 また、まとまった分量の文章を以前のように読みこなせなくなる。たとえば一週...

やっと目覚めたわけか…

  • URL
  • 2007/05/03(Thu)
先日、検査のために西洋医学の病院に行った。 そのとき、料金を払うまでの待ち時間、病院にあるTVを見ていた。 家のTVは処分してしまったため、ひさびさのTV視聴になる。 ちょうど正午前の時間に、ニュースをやっていた。 そのなかに、メーデーの画像があった。 労働組合の全国組織が、女性や若者に職を訴え、格差・貧困問題解決を訴えている。有名な組合のエライサンが、マイクをにぎって「ガンバロー」と叫んでいる。 これを見ていたわたしは、うれしい気持ちよりも、白ける感情のほうが大きかった。 確かに、風向きが変わったのは...

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]