忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

イラクの現実は…

IMG_5064.JPG
先日、フリージャーナリストの西谷文和さんにお越しいただき、イラクの現実について、映像とともにお話しいただいた。

クラスター爆弾の不発弾をさわって、身体中に破片を浴びた少年、片足が吹き飛んだ少年、劣化ウラン弾の影響と思われる腫瘍のできた子どもたち、薬不足のために治療を受けられずに死んでいく子どもたち……。戦争は戦闘のみではない。戦闘が終わったあとも、いつまでも影響は続き、人々を苦しめている。

映像とともに突きつけられた現実は、あまりに凄絶で、簡単には整理できない。どこかで、よその国の話として、眼を背けたくなる自分がいる。たぶんそれは、暴力がどこまでも不条理で、被害者が被害に遭わなければいけない理由が微塵もないからだ。
そして、この不条理な暴力によって、利益を得ている人たちがいる。日本だって、直接的ではないかもしれないが、その利益のおこぼれにはあずかっている。だからよけいに、“不都合な真実”は直視したくない。そして、死者の人数や、爆発の映像や、わかったような解説で、私たちは麻痺してしまう。

西谷さんは、吹田市の職員という安定した立場を捨て、フリーのジャーナリストとして活動している。治安の悪化する一方のイラクに何度も訪れ、取材活動のかたわら、医薬品を届けるなど支援活動をしている。「家族もいるのに、なぜそこまで?」とたずねると、「実際の現実を目の当たりにして、被害に遭っている人たちと関わったからだと思う」と答えられた。

「目を見はるんだ。すべては隠されている」と言ったのは、ボブ・ディランだったと思うが、膨大な情報のなかで、私たちの現実感覚は、どこかおかしくなっている。麻痺しちゃいけない、とあらためて思った。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

昨日のサロンで

  • by fullta
  • 2007/05/20(Sun)10:51
  • Edit
現在、僕が読んでいる本として挙げた『醜の美学』の作者は、
カール・ローゼンクランツ(Johann Karl Friedrich Rosenkranz)
でした。
ついでに、出版社の未知谷は「みちや」ではなく「みちたに」と
読むのだと、初めて知りました。

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]