忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

下水、クルーズ、大阪湾

尼崎から芦屋にかけての海域をめぐるクルージングに参加させていただいた。先日、お話しに来ていただいた日本下水文化研究会の企画で、関西支部長の木村さんから、お誘いいただいたのだ。

尼崎港管理事務所に集合し、クルーザーで海へ。船の立てる泡は褐色だが、空は青々とした晴天で波はおだやか。気持ちよかった。汚い海ではあるものの、魚や海鳥がたくさんいる。出発した桟橋近くには、ウナギまでいた。
海に出て、周囲を見まわすと、大阪方面から神戸のほうまで、メタリックな工場が海辺を埋め尽くしている。巨大な工場、土砂の山、ゴミの埋立地……いかにも殺伐とした風景のなか、おだやかな海がのたりのたりと波打っている。工業地帯の海は、自然と人工物が際立って不調和に成り立っている。埋立地が居心地が悪いのは、きっとこの不調和のせいだ。
だけど、この殺伐とした海辺に、世界中から、いろんな原料が到着し、加工され、あちこちへと運ばれていく。あるいは逆に、海外に輸出されたり、都市から出たゴミや下水が海へと流れこんでいる。私たちの生活は、それによって成り立っている。
船に揺られながら、海鳥はこの風景をどのように見ているのだろうと、ぼんやり考えていた。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]