忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

いじめ、ガンジー、非暴力

先週の「映画のじかん」では、『ガンジー』を観た。その後のサロンでも、非暴力・不服従をひとつのテーマとして話し合った。
サロンでは、自分が身近に受けた暴力として、いじめの話が多く出された。そのなかで、世代によって、暴力の質にちがいがあることがうかがわれた。私と同じ世代(30代半ば)ぐらいだと、文字通り肉体的な暴力も経験している。それに対して、20代半ば以下の参加者たちは、もっと目に見えにくい暴力を受けている。それは言葉の暴力だったり、シカトだったり、より内面的で陰湿な暴力といったらよいか。もちろん今の子どもたちだって、肉体的な暴力を受けることは多々あるだろうが、なんだか時代の空気として、暴力の質は変わっているような印象を受ける。

見えやすい暴力が支配していた時代は、対抗する側も暴力的だった。ガンジーは、そこに非暴力の思想を説き、実践した。ところが、いまの日本のように、すみずみまでシステム化された社会のなかでは、暴力は内面化されている。透明な暴力に包まれているといったらいいだろうか。だから、外に向かって暴発するときには、対象のないムカツキになってしまう。それが、さらに不安や恐怖をよんで、ますます透明な暴力性を強め、管理をすみずみにまでめぐらそうと躍起になっている。

ガンジーは、こんなことも言っていた。
「富の所有によって得られるよろこびは錯覚です。金や所有への執着は恐怖の産物なのです。暴力や不正直が恐怖のあらわれであるように、金や所有に執着するのも、すべて恐怖から来るのです」
「肉体が滅びることで、魂が解き放たれるのであるから、死は決して恐れることではない。ただし、この世に生を受け、手足を授けられた以上、命のあるかぎり手足を最大限に使って奉仕するのが我々の生きる道である」

きっと私たちは、私利にとらわれすぎて、不安や恐怖を極限まで肥大させてきたのだ。そうであるかぎり、この不安や恐怖から逃れることはできないし、暴力は、ますます肥大していくにちがいない。まずは、自分のなかの不安や恐怖をよく見つめることからしか、始まらないのだと思う。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by まちゃおか
  • 2007/06/09(Sat)19:45
  • Edit
私は恐怖で胸がいっぱい。おじいちゃんが死んでしまうかもしれないから。家族がいなくなる、怖い。ホームレスも胸の中に残ってて怖い。恐怖ばっかりが今心の中にある。今を楽しまないといけないけど、心の中はそうじゃない。苦しい。人とのかかわりが減ってしまった。すごく怖いことばっかり。うまくいかない。「居場所」がなくなっていく。

恐怖と享受

  • by fullta
  • 2007/06/10(Sun)13:07
  • Edit
労働者は常に、解雇される恐怖を皮膚に感じながら、仕事を続けなければいけない。そしてその仕事は、自分の能力で獲得したものではなく、たまたま自分がありついたものなのだけど、そんな屈辱に長く耐え得るほど、僕たちの皮膚は強くない。だから、仕事のやりがいを捏造することになる。(工場労働が「ニッポンのモノづくり」で「実業」だって?)

その労働の対価である賃金を持って、例えば僕は無印良品の店舗に行って、日用雑貨や気に入った服を買い求めるわけだけど、こういう消費をただ享受する限り、自分の仕事や社会的現実を正当化するしかない。そして、現実を享受する「他ならぬ自分」も正当化され、恐怖を誤魔化していく。


家族がいなくなるのが怖いというまちゃおかさんは、優しいと思います。それだけ大切なものがあるというのは羨ましくもあり、自分の無情さに恥じ入ったりもします。

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]