忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

コムニタスのあり方について

コムニタス・フォロは、昨年10月にゼロ期として開始し、今年4月から第1期を始めた。ゼロ期は、週1回のサロンが中心で、あとは随時、現場プロジェクトなどの活動をしていた。この4月以降は、それを変更し、毎日、居場所を開き、活動を充実させていくつもりだった。いわばフリースクールに準じたかたちで、ある程度、クローズドな場として、じっくり活動できると思ったのだ。
が、どうもこの形式は、参加者のニーズに合っていなかった。まず、毎日、となると、どうしても会費が高くなってしまう。それに、毎日でも来たいというニーズは、さほど高くないように思えた。そこで、6月10日に開いた総会をもって、この形式を根本的に変えることにした。

あたらしい形式は、ゼロ期と同じく、毎週土曜日のサロンを中心に、随時(週1~2回)、企画やプロジェクトを実施していく。会費は一律5000円。これで、すべての活動に参加できる。そして、初めての人や、会員外の人でも、気軽に参加できるようにする。初めての人など会員外の人は、サロンへの参加を1回1000円、それ以外の企画は、企画によって費用をいただくことにする。それでも高いという声は当然あると思うが、これでも鼻血が出るほど、ギリギリまで低く設定したつもりだ。
このかたちは、いわば、「居場所的なネットワーク」とでも言おうか。フリースクールが、ある程度クローズドな居場所だとしたら、コムニタスは、より開かれた、ゆるやかなつながりとして活動を展開する。根なし草な私たちの、ゆるやかなネットワーク。ゆるやかにつながり、ゲリラ的にあちこちに出没し、さまざまな人に出会い、関係を豊かにしていく。そんなふうに構想(夢想?)している。

今後、企画スケジュールも、サイトで確認できるようにするので、参加されたい方は、気軽に問い合わせいただきたい。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

理解できません

  • by ワタリ
  • URL
  • 2007/11/14(Wed)12:55
  • Edit
>フリースクールが、ある程度クローズドな居場所だ

ここはフリースクールの定義がお互いに違うのですね。
フリースクールは基本的にオープンなところだとわたしはずっと考えてきました。
山下さんは、一部のフリースクーラーからは「フリースクールらしくないフリースクール」とも言われる東京シューレというところの元スタッフですので、こういう不思議なことも書かれるのですね。

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]