忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

雨宮処凛講演会に参加して

amemiya.JPG14日(土)、ふぇみん主催の雨宮処凛講演会に、コムニタスのメンバー8人ほどといっしょに、参加してきた。
講演内容の要点を言うと、およそ以下のようなことだった。

・ずっと生きづらさをテーマに本を書いてきたが、昨年になって、自分の生きづらさが不安定雇用など社会状況によってつくられたものであることに気づいた。
・実際に若者の状況を取材してみると、派遣労働者やフリーターが極度に不安定なワーキングプアの状況に置かれている一方、正社員は過労死に追い込まれるほど酷使されていて、若者が生死を問われるほど追いつめられている実態がわかった。
・「プレカリアート」という言葉に出会い、自分たちの問題を言語化できるようになった。
・いまの若者はバラバラだが、それゆえに、しがらみなく連帯することができ、さまざまな運動が起きている(フリーター労組、ガテン系連帯、インディーズメーデー、サウンドデモetc...)。
・今後、かつての年功序列・終身雇用型の雇用が増えることはあり得ず、非正規雇用は必要不可欠な労働力とされている。問題は、正規雇用との極端な格差にある。非正規雇用でも、安定した生活を送ることができるようにしないといけない。

(このあたりは、『生きさせろ! 難民化する若者たち』に、くわしく書かれている。)

また、今回の集会では、サウンドデモのようすなど、若者の運動のようすがDVDで上映された。それは、デモというより祭りそのもので、とても健全なエネルギーの爆発のように感じられた。大音量で音楽をガンガンに鳴らしながら、若者たちが街を踊り歩く。主張は、「庄屋は時給を上げろ!」「マックはマック難民を追い出すな!」など、政治的なスローガンとはかけ離れた、身近すぎる主張だ。しかし、若者たちを根底から脅かしている不安が、外に向けた怒りとして発散され、それがうねりとなっているようすが、すごく感じられた。

このうねりは、しかし、サッカーのナショナリスティックな応援や、北朝鮮バッシングのエネルギーと根は同じものだろう。だから、すごく共鳴する一方で、あやうさも感じた。風向きがちょっと変わると、簡単に排撃的なナショナリズムになってしまう。もちろん、あやういからこそ健全なんだけど……。

雨宮処凛は、若者の右傾化について聞かれ、「自分自身、かつては左翼にも右翼にも顔を出したが、左翼は高卒フリーターの私には何を言っているのかわからなかった。その点、右翼は“アメリカが悪い”とか明快で、フリーターのように孤立しきっているとき、国家にしかつながることのできる共同体はなかった」と語っていた。自分が何の役にも立たない、いつでも取り替え可能な労働力でしかなく、居場所がどこにもないとき、ナショナリズムに自分を同化させることで、自分の位置を見いだす気持ちは、よくわかる。

私は、雨宮などの若者ムーブメントに、全面的に共感する。が、一方で、これを雇用問題の枠組みだけで考えていてはならないとも思っている。新自由主義や構造改革が壊したのは、雇用関係だけではない。社会の絆がズタズタになっていて、人がバラバラになっているのだ。貧困はお金だけの問題ではない。関係もまた、貧困になっているのだ。その貧困は、ナショナリズムによっては、けっして解決しない。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

その後梅田でーー現実から学ぶ

  • URL
  • 2007/07/29(Sun)
あわなかったシンポジウム 大阪市立大学のプレカリアートに関する公開無料シンポジウムに参加への参加は、途中でやめることにした。 とても息苦しかったからだ。 京阪神には何もないのか パネリストさんたちの、欧米・ならびに東京ではプレカリアートの運動がある、しかし地元大阪・京阪神では起こっていないという報告は、事実誤認だと分かった。 実際に、京都や大阪のミナミで、イラク反戦のサウンドデモが幾度か行われている。そのうち、元・教育基本法改正反対のデモでは、まるで世代×階級闘争のノリで、京都の四条通で若い世代の貧窮...

飲水権の侵害!ーー(転載)日雇い・派遣の真実より

  • URL
  • 2007/11/14(Wed)
mixiに「日雇い・派遣の真実」というコミュがあります。 そこへの「ブラック企業としての日雇い・派遣」のトピックスに、次の投稿がありました。派遣社員の水を飲む権利を侵害する会社ーー特に現場の正社員ーーの告発です。これでは、「若者を見殺しにする国」というタイトルの本が売れるわけだ。赤木智弘「若者を見殺しにする国」装丁 投稿者の了承を得たうえで、転載します。 点線以下、転載。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]