忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

真昼の花火大会

hanabi.JPGひさしぶりの【ゆる企画】で、“真昼の花火大会”をしてきた。
ぎらぎらと灼けつくような陽射しのなか、淀川河川敷に午後1時半に集合。河川敷の野球グラウンドも、カラカラに乾いていて、なんだか甲子園球児になった気分だ。

噴き出す汗をぬぐいながら、火の準備をする。河川敷ということもあって、風が強く、なかなか難しい。小さい火ではダメだと、落ちている木っ端を拾ってきて、たき火をする。炎天下に炎が揺れる。暑いというより、熱い!

あとは、花火に次々に着火。真昼とあって、先端部の閃光は見えるが、ちっとも「花火」じゃない。まるで溶接工事をしているみたいだった。物足りないので5本くらい手に持って着火した人もいたけど、やっぱり溶接のバナーみたい。煙たいばかりで、マグネシウムの焼けた匂いが汗にしみていくようだった。それならばと、線香花火を試みるが、点いているのかどうかわからないほど……。ひととおり手持ち花火を終え、最後のホープ、打ち上げ花火に期待をかける。「着火したら1.5m以上、すぐに離れること」などの注意書きを読み、やや緊張しながら着火する……が、ぱらぱらぱらと、乾いた音と煙、少しばかりの閃光が見えて、おしまい。5~6本は打ち上げ花火をしたが、どれも似たようなものだった。

真っ黒い影が色濃く揺れて、身体からは水分が蒸発していく。肌には塩分がざらつくし、頭はもうクラクラだった。空には入道雲がモコモコと沸き立ち、河では、ヨットの練習をしていて、いかにも涼しげ。しけた花火みたいに、スパークできなかった私たちは、しばし河に向かって石を投げて“水切り”をして、乾いた土を踏みしめながら、河川敷をあとにした。

●今回の教訓
・ムダを楽しむにも体力がいる。
・花火より太陽は強かった。
・やっぱり花火は夜がいい。
・よい子はマネをしないでください。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by みやすけ
  • 2007/08/14(Tue)11:53
  • Edit
まあまあ抑えて、抑えて。
山下さん。
気持ちはみーんな同じだよ。

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]