忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

愛について

先々週のサロンは、「愛」をテーマに話し合った。メンバーのTさんからの発題で、あまりに大きなテーマで、話し合うのも難しい面があったが、親子・兄弟など家族の愛から、恋愛、嫉妬、友人、ペット、キリストの愛にいたるまで、じつにさまざまな「愛」が語られた。

大ざっぱにまとめてしまえば、愛を感じるときというのは、自分が受けいれられているときで、逆に愛するというのも、その人の存在を受けとめることなのかなと思った。その受けとめ方には、恋愛としての場合もあれば、家族としての場合もある。より広く共同体としての愛もあるし、極限までいけば、イエスの愛のような普遍的な愛もあり得るのだろう。

凡夫たる私たちは、まず自分が愛されていないと、他者を受けいれることもしがたい。“汝の敵を愛せよ”なんて、すげえな~とは思うが、やっぱり超越的だなと思ってしまう。

いまの人間関係が苦しいとしたら、それは、人を受けいれ合うよりも、値踏みし合ってしまっているからなのではないかと思う。人を受けいれるというのは、その人のダメな部分、できない部分を受けいれることなんだろう。ところが、私自身を含め、多くの人が、人のことを仕事や勉強ができるかどうかとか、外見とか、そういう視線で値踏みしているし、自分自身のことも、人との比較で何ができるかで自己評価していたりする。仮にそれで得られた愛があっても、それは不安に満ちた関係しか生み出さないだろう。

たぶん、人のありのままを受けいれようとするなら、何より自分自身のありのままを受けいれることが必要なんだろう。人を値踏みせず、おたがいをゆるやかに受けいれ合うこと。そういう関係の場の試みのひとつとして、コムニタス・フォロもやっていきたいなと思う。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]