忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

コミュニケーションギャップ

先日のサロンで、コミュニケーションギャップについて話し合った。たとえば地域(関西と関東etc)、性、世代などによって、常識や文化は異なる。そのギャップによって、誤解が生まれたり、人を傷つけたり、逆に発見があったりする。そういうギャップについて、それぞれの体験を出し合って、話し合いをしたのだが、なかなかおもしろかった。

つまるところ、そのギャップをギャップのまま認め合うことができればよいのだが、得てして多数派の常識や文化によって、少数派は異端視されたり、同質化を迫られたりしてしまう。不登校やひきこもりというのも、その最たるものの一つだろう。カワイソウなことだったり、ケシカランことだったり、無理やり学校に戻されたり、自立訓練させられる対象だったり、あるいは特殊な才能とか感受性豊かな人として、特別視されてしまう。どっちにしても、多数派は自分たちの常識や文化を問い直すことはない。

お笑いのネタなんかで、「ニート」や「ひきこもり」が出てくることもままあるが、それにひどく傷つくという話も出された。同性愛なんかの場合でも、昔から「ホモ」は笑いのネタになってきた。おそらく、こういう多数派の無自覚(?)な暴力がなくなることはないのかもしれない。いつでも、少数派は抑圧されてきたにちがいない。そして、多数派と異なる自分のほうがおかしいのだと思いこまされてしまったりする。しかし、そんなことを言いつつも、私自身、鈍感になっていることがたくさんあることだろう。それだけに、ギャップは大事だ。自分の鈍感さに気づく機会になるのだから。

ギャップは、あたりまえと思ってきたことを問い直し、新しい見方や文化を生み出す機会になりうる。それは痛みをともなう作業かもしれないが、くりかえし、くりかえし、そういう作業が必要なのだろう。そんなふうに思う。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]