忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

あしがらさん

『あしがらさん』という映画がある。ひとりの路上生活者の姿を撮ったドキュメンタリーだ。
「あしがらさん」と呼ばれる、新宿で路上生活を送るおじさん。
ゴミをあさりながら残飯を食べ、足には虫がわいてしまっていて、
誰も信用しようとせず、路上に生きている。
街を行き交う人は、気に留めるようすもない。

監督の飯田基晴さんは、もともと路上生活者を支援するボランティアをしていたが、もっと、あしがらさんに近づきたいとの思いから、カメラを手にとったという。
映画のなかで、あしがらさんは、行きつ戻りつしながらも、人との関係を取り戻し、表情を取り戻していく。
そのきっかけになっているのは、この映画そのもの、つまりは監督とあしがらさんの関係だろう。
カメラという壁をはさむことで、それまで隔てていた見えない壁を越えていく。撮影行為そのものが作品になっている。
ふだんの日常関係にあって、カメラを向けて人と話すことなんてない。そんな失礼なことはないだろう。
だけど、カメラを間に立てることで、越えられる壁もある。
私たちは、自分のまわりに、見えない壁をたくさん立てている。そのために窒息しそうになっている。
この見えない壁を崩していくには、この映画のような、「何か」が必要なんだろうと思う。
コムニタス・フォロでも、そういう「何か」をしていきたい。

そうそう、先週のサロンで、この映画を流そうと思っていたんだった。
つい、しそこねたので、今度のサロンでは上映してみようかと思う。
(やました)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]