忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   
カテゴリー「「現場」プロジェクト」の記事一覧

刑務所見学

2月9日、大阪刑務所を見学させていただいた。いろいろ感じること、考えることがあったが、とりあえず、今日はテーマをしぼって書いてみたい。

大阪刑務所は、日本で2番目の収容規模を誇るが、現在は定員2704名に対し、3000名を超える状態が続いている。そのため、単独室(6㎡)でも2名収容したり、6名定員の共同室(20㎡)に7~8名収容している状態となっている。さらに、職員がほとんど増員されていないため(職員数547名)、さまざまな無理が生じている。たとえば、受刑者側からすれば、より管理的に扱われることになっているし、刑務官側からすれば、過重労働になっている。
1995年の大阪刑務所の収容人数は1810名、それが2006年では3041名にまで増えている。12年で1.7倍にも増えているのである。日本全体でみても、刑務所の収容定員7万7500名に対し、受刑者は8万名にのぼる。

なぜ、こんなにも受刑者が増えているのか。そこが問題だ。
大阪刑務所の罪名別構成比をみると、覚醒剤が39%、窃盗が30%、およそ7割が微罪である。大阪刑務所は「犯罪傾向の進んだ成人男子」をおもに収容しているのだが、その刑務所にして、7割が微罪。しかも、受刑者のうち、再入所者の割合は7割に及び、平均入所回数(日本人)は4.3回だった(外国人は1回)。高齢者も多く、60歳以上が14%を占める。そして、精神や身体に何らかの障害を持つ受刑者が全体の34%を占めていた。
説明してくれた刑務官も、「社会的弱者が刑務所に来ている」と語っていた。

受刑者が刑務所の定員を超えるまで増えているのは、日本の治安が悪くなったからではなく、刑務所以外に行き場のない社会的弱者が増えているということだ。受刑者の増加も、社会関係の貧困化を示すバロメーターの一つだと言えるだろう。
これが、刑務所で「更生」する問題でないことは、再入所率の高さをみても明白だ。必要なのは、このガリガリに細ってしまった社会関係を、少しずつでも耕していくことしかない。
先日、野宿者排除と“引きこもり狩り”との共通性について書いたが、刑務所に行って見えてきたものも、社会関係の貧困の実態だった。


ゴミの話のつづき

ゴミの埋立地を見学させていただいてから、ゴミとは何だろうかと改めて考えていた。ゴミと一口に言っても、食べ物の残りや、紙くず、空き缶、粗大ゴミなど、実にさまざまだ。埋立地には、下水を処理したあとの汚泥も含まれていた。そういえば、少し前に見学させていただいた犬管理事務所で処分された犬猫も、焼却処理されると聞いた。とすると、彼らのお骨も埋め立てられているにちがいない。ありとあらゆるものが、ゴミとなっている。

しかし、ちょっと考えてみると、ゴミがゴミたるゆえんは、循環しないことだと言える。食べ物の残りや、排泄物、動物の死体などは、本来、自然に還るものだ。埋立地の職員の方も、「ほんとうは生ゴミを山に埋めたほうがいいんです。自然に還るわけですから。しかし、量が多すぎて、そういうわけにはいかなくなったわけです」と語っていた。自然に還れば、それはゴミではなく、次のいのちの営みへ活きる源となる。それをむざむざ焼いて埋め立てているのだ。カンやビン、紙くずなどはリサイクル可能のものだし、循環していればゴミにはならない。

さらに考えると、このゴミのもとの多くは、海外から来ていることに気づく。日本の食料自給率は40%(カロリーベース)。60%は海外から来ている。紙や鉄鋼資源は言うまでもない。日本では、莫大な資源を海外から持ち込んで、循環させることなく廃棄している。莫大量ゆえに循環できないとも言えるだろう。あたりまえのことだが、これはヘンだ。循環できずに蓄積されていくゴミは、浮かばれない亡霊のようではないか。莫大なエネルギーを使って高速度で回転する都市社会は、途方もない闇を抱えているのかもしれない。


ゴミの埋立地

IMG_4709.JPG
大阪市のゴミ埋立地(北港処分地)を見学させていただいた。夢洲(ゆめしま)と名づけられた島のうち、73万㎡(甲子園18個分)が、ゴミの埋立に使われている。
橋を渡って検問を通過すると、そこには別世界が広がっていた。何と言ったらいいのだろう。広大な土のひろがりがある。かといって自然というわけでもない。何から何まで(地面まで!)人造されているものなのに、標識やアスファルトや、都市的な要素のまったくない広大な土のひろがり。それは、何とも形容しがたい、ひろがりだった。


処分される犬たち

犬の管理事務所を見学させてもらった。大阪府の管理事務所では、府下(大阪市、堺市、東大阪市、高槻市をのぞく)の野良犬や飼えなくなった犬を回収し、処分している。犬猫が処分されていることは知っていたが、実際に見聞きすると、知らないことがたくさんあった。

犬猫が管理されている部屋は、地下にある。ほえ声などが近所迷惑になるためだ。大きなリフトで地下に降り、部屋に入ると、湿り気のある動物のにおいが鼻についた。
ここに回収されてきた犬猫は、3日間、抑留されたあと、炭酸ガスで処分される(府下の保健所から移送されてくる場合は、公示期間などを含め、7日の猶予がある)。


裁判傍聴2

先日の裁判傍聴に行けなかったメンバーからのリクエストで、再び裁判の傍聴に行ってきた。傍聴したのは、通り魔・殺人未遂事件と、窃盗事件の二つ。ほんとうは、あまり重い事件は傍聴する予定ではなかったのだが、たまたま殺人未遂事件の裁判に入ってしまった。
殺人未遂の裁判は、検察の論告求刑が行なわれていた。事件経緯を聞いているだけで、胸が苦しくなるような話だったが、やはり聞いていて、いくつも疑問が湧いてきた。とくに、被告が「アスペルガー症候群」と診断されていることを、犯罪の一因と断定するかのような検察の主張は、まったくひどいものだった。
私は、以前に、浅草レッサーパンダ事件について、被告の弁護士に取材したことがあるが、その際、いわゆる発達障害者や知的障害者が、その障害ゆえに、どれほど取り調べや司法の場でひどい目に遭っているかを知り、また、そのためもあって、毎年7000~8000人もの知的・発達障害者が刑務所に入れられていること、それは割合にして新規受刑者の3割近くになることなど、その実態に愕然としたことがある。

浅草レッサーパンダ事件については、『自閉症裁判』(佐藤幹夫/洋泉社)、刑務所における知的障害者の実態については、『累犯障害者』(山本譲司/新潮社)などが参考になる。


裁判の傍聴

メンバーのひとりからの提案で、裁判を傍聴してきた。とくに目当ての裁判があったわけではないが、裁判というものを傍聴したいということで、大阪地裁に行ってきた。
傍聴したのは、妻が夫を殺害した事件の証人尋問。傍聴席はほぼ満席で、とくに強い動機をもっての傍聴でないだけに、少し後ろめたい気持ちで席に着いた。

事件の内容については、ここで書くこともないと思うので省くが、裁判には、いつも空疎なものを感じてしまう。なぜなら、裁判でのやりとりは、当事者を置いて、空中戦をやっているようにしか感じられないからだ。
今日の裁判で言えば、こういうことだ。証人は、精神鑑定を行なった鑑定医。検察と弁護人が、それぞれ質問する。検察側は、鑑定書や被告の病状について、重箱の隅をつつくような質問を繰り返し、心神耗弱ではないことを裁判官に印象づけようとしていた。弁護側は反対に、被告が、いかに通常ではない状態に追いつめられていたかを印象づけようとする。しかし、なぜ殺害したかなんて、当人にすら、わからないことかもしれない。裁判では、実際に起こったこととは別に、検察と弁護人のストーリー合戦が行われているようにしか思えない。そこでは、真実が探られているわけではない。にもかかわらず、裁判官は、そのストーリーのなかから事実を認定し、判決を下す。仕方のないことなのだろうが、裁くというのは、いったい何なのかと、ある種の空恐ろしさすら感じる。
(やました)

まず手始めに

1027.jpg
いろんな「現場」に行ってみたいというプロジェクトを考えた。
たとえば、とさつ場やゴミの埋め立て地など、日常生活からは見えなくなっている現場に、じかに触れたい。
これから、ぼちぼち進めていきたいが、まずは手始めとして、鶴橋の「朝鮮市場」と、いわゆる「釜ヶ崎」に行ってきた。それぞれ、場の持っている「におい」があって、それが、この無味無臭な社会に慣れきってしまっている私たちには、とても触れてくるものがあった。でも、今日は、通りすぎただけ。においを感じるぶん、見えない壁もまた感じてしまう。その壁をどんどん越えていきたい。もっと、もっと……。

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

Since 2006.11

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]