忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

「ままちゃん」=ままならなさの研究/づら研@松江

2月7日、島根県松江市にあるYCスタジオのみなさまと、づら研@松江を開きました。テーマは、「ままちゃん」=ままならなさ、の研究です。

「ままならなさ」という言葉、づら研では、ときどき登場します。今回のづら研では、何かをしたくてもできない状態、身動きがとれないさまを「ままちゃん」と名づけ、研究しました。


◎どんなときに「ままちゃん」を感じる?

・予定に合わせて起きようと思っているのに、起きれない。
・何かを人に紹介したい、知ってほしいと思っているのに、あとひと押しが勧められない。
・家族と話をしているとき。
・親が家族内のトラブルを隠してしまう。
・地方のマイノリティ問題。
・一生懸命、話すほど、疎外されてしまう。


ここで「ままちゃん」には、二通りのケースがあることに気づいた。

ひとつは、自分から何かを発信したいのに、それができないケースで、
もうひとつは家族など、人との関係で、ままちゃんが生じてしまうケースだ。
 

◎どんな「症状」が出る?

・対人恐怖
・落ちこむ
・心臓バクバク、頭はフラフラ。
・息をのみこんでしまう。
・口調がどもってしまう。
・パニクるというより、疲れる。


◎「ままちゃん」がいらしたときの工夫

・キャラクターの着ぐるみを着て、緊張をほどく(はじめての場や人に会うとき)。
・音楽を聴く(イヤホンで)。とくに落ちこんでいるときは、ふだん聴かないヒーリング系の音楽を聴く。
・とにかく身体を動かす。


◎遮断機能としてのままちゃん

「ままちゃん」がくると、身動きがとれなくなるので、それぞれ意識して気分転換をするなど工夫をしていた。そこには、現実からいったん撤退する、強制シャットダウンとも呼べる作用もあることがわかった。

たとえば音楽を聴くのは、「まわりの音を聞きたくないから」という理由があったり、心身に出る症状も、「これ以上はもたないよ」というサインだったり。ままちゃんには、バクハツやがんばりにストップをかけるという一面もあるようだ。


◎初期設定にムリがある?

しかし、「ままちゃん」は関係のなかから生じてくるものでもあるので、個人の工夫で済む問題でもない。こちらが緊張や不安でうまく話せなかったり、泣いてしまったりすると、相手もイライラしてしまい、おたがいに疲れてしまうが、そもそも理路整然と対処できるのであれば、「ままちゃん」がやってきたりはしない。

「言葉のキャッチボールが成立していない。」

父親との対話を、そう表現した参加者の言葉から、おたがいの「これくらいはできて当たり前」という認識、いわば初期設定にズレがあったり、先方の設定にムリがある場合も多いのではないか、という発見があった。


◎設定を更新するには

必要なのは「設定条件」の変更であり、そこからの再出発だ。そこで後半は、おもにどんなふうに設定条件を更新したか、どんな場合だと、更新がむずかしく、ムリが生じてしまうかという話になった。


◎更新を困難にするもの

・「できて当たり前」や「自分の常識」から動かない人、譲らない人は疲れてしまう。
・支援者や専門家の知識や枠組みだけで対応されても困ってしまう。こちらの声を真摯に聴いてほしい。
・エネルギーを使っていることを理解してもらえないとつらい。


◎更新を助ける工夫

・なるべくこちらの事情や困難を伝えるようにする。また、それを理解してくれそうな人から事情を打ち明け、少しずつ理解を広げていく。
・便法としての障害名や病名。それにより、親の「自分の育て方が悪かった」「本人の性格の問題」という考えが変わってきた。

  

◎「ままちゃん」を否定せずに

・「ままちゃん」をダメなもの、いらっしゃるのは悪いことと思っていると、更新はむずかしい。
・できないことを否定されるとつらい。否定されるとますますできなくなる。
・自分の「ままちゃん」を認めることができると、他人の「ままちゃん」も認められるようになる。やさしくなれる。
→でも、これが一番むずかしい……。


◎個人から社会まで

・社会の風潮としても、自分とちがう設定を受けいられなくなっているように感じる。社会のオーダーや初期設定に応えられない人が問題というより、そもそも設定のほうにムリがあるのではないか?
→発達障害や不登校なども、個人のエラーではなく、社会や学校の初期設定のほうにムリがあり、ズレているのでは?
・「ままちゃん」を研究してみると、個人から社会問題にまでつながる問題が見えてきた。答えは簡単にはみつからないが、ちょっと俯瞰して眺めてみたり、客観的な視点を入れることは大事だと思った。(野田彩花)

なるにわラジオ第23回放送

なるにわラジオ

「なるにわラジオ」は、仕事もしんどい、ニートするのも、ひきこもるのもしんどい、上から目線で支援されるのもイヤやし、なんか知らんけど生きてるのしんどいわって、日々、悶々としているみなさんと、いっしょにぐだぐだの時間を過ごすラジオ番組です。

 第23回放送(2017.02.01 / 00:00a.m. OA)



パーソナリティ:谷口、山下
オープニング曲:Groove
ジングル作成:加藤直人
ジングル(声):のだ あやか


▼今回の放送は

○くさ研


○今月の予定

ほか

→なるにわラジオへの投稿フォーム

もしくは、下記にお便りください。
〒540-0036
大阪市中央区船越町1-5-1 NPO法人フォロ
FAX:06-6946-1577
E-mail: communitas@foro.jp
……………………………………………………

なるにわは、赤字を出しながら運営してます。
おもしろそうな活動しているから、カンパしてもいいよ、という寛大な方がいらしたら、下記までお願いします。

郵便振替口座 00900-1-25564
加入者名 特定非営利活動法人フォロ
※なるにわカンパと明記してください。

なるにわラジオ第22回放送~お正月だけど通常号

なるにわラジオ

「なるにわラジオ」は、仕事もしんどい、ニートするのも、ひきこもるのもしんどい、上から目線で支援されるのもイヤやし、なんか知らんけど生きてるのしんどいわって、日々、悶々としているみなさんと、いっしょにぐだぐだの時間を過ごすラジオ番組です。

 第22回放送(2017.01.01 / 00:00a.m. OA)



パーソナリティ:谷口、山下
オープニング曲:Groove
ジングル作成:加藤直人
ジングル(声):のだ あやか


▼今回の放送は

○脳内リクエスト:仁丹の歌

 

○今月の予定

ほか

→なるにわラジオへの投稿フォーム

もしくは、下記にお便りください。
〒540-0036
大阪市中央区船越町1-5-1 NPO法人フォロ
FAX:06-6946-1577
E-mail: communitas@foro.jp
……………………………………………………

なるにわは、赤字を出しながら運営してます。
おもしろそうな活動しているから、カンパしてもいいよ、という寛大な方がいらしたら、下記までお願いします。

郵便振替口座 00900-1-25564
加入者名 特定非営利活動法人フォロ
※なるにわカンパと明記してください。

喉元を過ぎた「不登校」~ノーラベル・ルネッサンス~

なるにわラジオパーソナリティの谷口さんが、文章を寄せてくれたので掲載します。

……………………………………………………………………………………………………
私は、不登校やひきこもりに関係する、当事者主体のものを含めた運動や活動に、いまいち関心がない。

それはなぜかと考えた。

私は小学2年の秋から学校へ行かなくなり、結局そのまま小学校を卒業、中学にいたっては在籍中に一度も中学校の敷地に足を踏み入れなかったが、中3の秋も過ぎたころに「これじゃいかん」と思い、通信制の高校に進学して、幸いにも、そこでの卒業までの3年間を、とても楽しく過ごすことができた。

もしかしたら、私の中の元不登校だったり元ひきこもりだったりする要素は、高校を楽しく卒業した時点で、喉元を過ぎたのかもしれない。だから、いまの学校教育のひどい現状や、不登校・ひきこもり当事者への支援という名の人情の押しつけに対しても、違和感は覚えるものの、それくらいしか自分の中からは湧いてこない。

喉元過ぎて時間も経ち、気がつけば体外へ排泄していたから、いまとなっては、せいぜい味を思い出す程度、それ以上の何かが湧き出すはずもないのだ。

2016年11月2日の読売新聞朝刊に、そんな私でも面白く感じる記事が載っていた。この記事は「論点スペシャル・ひきこもりを経験して」と題して、髭男爵の山田ルイ53世と、ひきこもりUX会議主宰の林恭子が、自分のひきこもり経験を、振り返るかたちで語っているものだ。

私はこの記事の中の、山田ルイ53世が語っている部分について、すごくヒキコまれた。話の大筋は、中学2年の2学期から学校へ行かなくなり、ひきこもり状態になるも、テレビで同世代が出席する成人式のニュースを見て衝撃を受け、大検を取り夜間大学へ通うも勉学の世界で負けたという思いが消えず、土俵をずらし、お笑いの世界を目指したという内容なのだが、話の最後の部分で、山田ルイ53世は、自分がひきこもっていた6年間を、「ムダやった」と切り捨てているのだ。

その直後に「そのムダが許せないのが一番問題なのかなとも思う」と書いているものの、私はこの自らの経験を「ムダやった」と切り捨てているところに、すごく共感を覚えた。もしかしたら、山田ルイ53世にとっては、不登校・ひきこもりの経験は完全に過去のことであり、それこそ「喉元を過ぎた」ことなのかもしれない。
私は自分の不登校・ひきこもり経験を、ムダとまでは思わないものの、やはり過去のことに感じている。いろいろな運動や活動にも、そこまで関心はない。だが、いくら自分では「過去のこと」と思っていても、やはり、ときどき、いまも当時の自分と地続きだということを認識させられるような、己や周りとうまくいかないことが、具体例を挙げるとキリがないレベルの小さな要素として、顔を出すことがある。
しかし、私はこれでいいのだと思う。

私にとって、不登校・ひきこもり経験は、すっかり過去のこと、すなわちバックグラウンドである。バックグラウンドである以上、自分が意識しなくても、向こうから、時にしつこいほど、勝手に顔を出してくる。私は、自分に対して「元不登校」だとか「元ひきこもり」といった、ラベルを貼るようなことはしない。そんなことをしなくても、私の日ごろの行ないを見ていれば、そこかしこから漏れ出ているはずだからだ。

それを見て、ある人は仲間だと思うかもしれないし、ある人はラベルを貼るかもしれない。でも、私にとっては、やはり過去の経験は、バックグラウンドであり、語らずに醸し出すものなのだ。(谷口)

ノーラベル賞ボブ顛末記

2016年のノーベル文学賞はボブ・ディラン氏に決定、しかし本人と連絡がとれないというニュースが流れたのは、折しも、「なるにわ10周年こまつり」のころでした。村上春樹ファンのごとく、ボブをネタによもやま話をしていた我々は、ふと思い立ちました。そうだ、我々もボブに賞をあげよう。ちょうど10周年記念だし、「なにものかでなくてもよい場所」を自称する、なるにわからボブに、「ノーラベル賞」をあげよう。それこそ、どんなラベルを貼られても逃げ続けてしまうボブにふさわしい。

ところが、連絡手段がわかりません。でも、ボブには公式のTwitterアカウントがある。受賞決定の旨をテキトーに英語にして、Twitterで送ろう。ということで、140文字にして、ボブに受賞決定の旨を連絡しました。受賞決定から、わずか20分ほどのことでした。しかし、待てど暮らせど、連絡がありません。ノーベル財団と同じ立ち位置です。仕方ないので、授賞式を12月10日と決め、ひたすら待つこととしました。

その後、ボブがノーベル財団に受賞を受けいれる旨を連絡したとのニュースを聞いて、我々はがっくりきました。きっと、ノーベル賞より、ノーラベル賞のほうが、本人には喜んでもらえると思っていたのに。「そりゃないぜボブ♪」「まったくしけてるぜ、これじゃあんまりだ」と心の中で歌っていました。

ところが、ノーベル賞の授賞式には「先約があって出席できない」とのニュースが。これは、こちらに来るにちがいない。ちゃんと来ても大丈夫なように準備をしようと思い、賞状とメダルを用意することにしました。12月10日当日、我々は大阪城に向かいました。外国人観光客でにぎわう大阪城天守閣。ここに、メダル製造機はありました。30年ぐらい前から稼働しているんじゃないかという機械。ほんとうに作動するのかといぶかしがりながら「2016.12.10 NO-LABEL PRIZE BOB DYLAN」と入力すると、文字制限ぴったり。秀吉のひょうたんマークのまわりに、きちんと刻印してくれました。秀吉好みの金メダル。これで準備は万端です。さらには、自家菜園で育てた田辺大根などの野菜が、副賞として持参されました。カンペキです。あとは、ボブが来るのを待つばかりです。3時間半の大作ドキュメンタリー『ノー・ディレクション・ホーム』を観ながら、ボブを待ちました。迷うといけないので、玄関には、これまたテキトーな英語で、案内表示も出しました。
  

ボブは、インタビューに応えて語っていました。「退屈知らずの情熱家たち」「仲間だと感じた」。きっと、我々へのメッセージです。
 

でも、ボブはとうとうノーラベル賞の授賞式に姿をあらわしませんでした。でも、それが正しいノーラベル賞の受賞のあり方です。ボブが、これからも、どんなラベルからも逃げ続けることを祈念して、私たちもそこに学んでいきます。ありがとう、ボブ。賞状とメダルは保管しておきますので、いつでも取りに来てください。




↑メダルの製造工程@大阪城天守閣

なるにわラジオ 第21回放送~松江(&鳥取)SP

なるにわラジオ

「なるにわラジオ」は、仕事もしんどい、ニートするのも、ひきこもるのもしんどい、上から目線で支援されるのもイヤやし、なんか知らんけど生きてるのしんどいわって、日々、悶々としているみなさんと、いっしょにぐだぐだの時間を過ごすラジオ番組です。

 第21回放送(2016.12.01 / 00:00a.m. OA)



パーソナリティ:谷口、山下
オープニング曲:Groove
ジングル作成:加藤直人
ジングル(声):のだ あやか


▼今回の放送は

○鳥取~松江こぼれ話

(左から砂場の巨人、コインレストラン、耳まんぢう)

○くさ研@松江
 

○出張なるにわラジオin松江


○今月の予定

ほか

→なるにわラジオへの投稿フォーム

もしくは、下記にお便りください。
〒540-0036
大阪市中央区船越町1-5-1 NPO法人フォロ
FAX:06-6946-1577
E-mail: communitas@foro.jp
……………………………………………………

なるにわは、赤字を出しながら運営してます。
おもしろそうな活動しているから、カンパしてもいいよ、という寛大な方がいらしたら、下記までお願いします。

郵便振替口座 00900-1-25564
加入者名 特定非営利活動法人フォロ
※なるにわカンパと明記してください。

なるにわラジオ第20回放送

なるにわラジオ

「なるにわラジオ」は、仕事もしんどい、ニートするのも、ひきこもるのもしんどい、上から目線で支援されるのもイヤやし、なんか知らんけど生きてるのしんどいわって、日々、悶々としているみなさんと、いっしょにぐだぐだの時間を過ごすラジオ番組です。

 第20回放送(2016.11.01 / 00:00a.m. OA)



パーソナリティ:谷口、山下
オープニング曲:Groove
ジングル作成:加藤直人
ジングル(声):のだ あやか


▼今回の放送は

○ボブディラン、「ノーラベル賞」の行方は?
○今月のオシオシ!:谷口流健康食生活:なにか足して、それを引く
○くさ研

ほか

→なるにわラジオへの投稿フォーム

もしくは、下記にお便りください。
〒540-0036
大阪市中央区船越町1-5-1 NPO法人フォロ
FAX:06-6946-1577
E-mail: communitas@foro.jp
……………………………………………………

なるにわは、赤字を出しながら運営してます。
おもしろそうな活動しているから、カンパしてもいいよ、という寛大な方がいらしたら、下記までお願いします。

郵便振替口座 00900-1-25564
加入者名 特定非営利活動法人フォロ
※なるにわカンパと明記してください。

づら研:身体は何と言っているかSP

今日のづら研は、身体は何と言っているかSPでした。

参加者それぞれが、どんなときに、身体が何を言っているかをホワイトボードに書き出してみて、ながめてみました。

今回は、ちゃんとまとめる余裕がないので、ざっくりまとめてしまうと、以下のような感じでした。


●どういうとき?

・緊張したりストレスを感じる場面になるとき。
・あるいは、その前(学校や仕事に行く前など)。
・情報が多いとき、街中や人混みなど。
・心配や不安のあるとき。人の目が気になるとき。
・天候や物音などの環境変化


●何を言っているか

・頭痛、不眠、立ちくらみなど。
・視覚過敏、聴覚過敏など。
・体温が上がる、下がる。
・呼吸が浅くなる。
・声が出にくくなる。しゃべれなくなる。
・胃腸系:オエッとなるなど。
・排泄系:トイレ頻回、汗(冷や汗、脂汗)
・泣く、笑う、あくびなど。
・そのほか、性欲が昂じる、漫然とだるい、人に共鳴してしまうなど。



大枠でいうと、緊張と弛緩(ゆるむ)があって、身体の反応は、緊張をゆるめようとして起きていることも多い感じでした。また、頭ではこうしなきゃと思っていても、身体が反応してしまってストップしてしまうということも多い。そこで、頭のほうに合わせてがんばってしまうと、こじれるので、身体のほうに合わせたほうがいい、ということも見えてきたように思います。


●自分なりの工夫

・胸をなぞりながら呼吸する。
・身体の一部をつめたいものにくっつける(アース線効果?)。
・散歩、寝る、お風呂など。
・人に話を聴いてもらう。
・集中しすぎないように、折り紙など、ほかのことをしながらにする。
・ぬいぐるみなどを抱くetc...。


また、片山洋次郎さんの本などを参照しながら、骨盤の話なども交えて、おしゃべりしました。

次回は12月12日(月)、テーマは「ズレがづらい」です。
(山下耕平)


ノーラベル賞をボブ・ディラン氏に授与

なるにわ10周年を記念して、NPO法人フォロは、ボブ・ディラン氏に「ノーラベル賞」を授与することを決定しました。しかし、連絡手段がわからないので、ご本人からの連絡を待つことにします。

◎ノーラベル賞とは
不登校、ひきこもり、ニートなど、あらゆるラベルを御免被りたい私たちが、この人はラベルなし名人だなと思う人に、勝手に授与する賞。

初回の受賞者は、ボブ・ディラン氏。どんなラベルを貼られても逃げ続けてしまう、氏のノーラベルっぷりに、授与を決定しました。トロフィーも賞金もありませんが、賞状は用意します。

授賞式は2016年12月10日(土)午後、なるにわにて執り行います。授与決定後、まだ本人との連絡はとれていませんが、『ノー・ディレクション・ホーム』を流しながら、気長に本人が来られるのを待つこととします。きっと授賞式当日には来てくれるものと信じています。

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]