忍者ブログ

なるにわ ぶろぐ

「なにものか」でなくともよい場所、なるにわのブログです。
なるにわの活動、づら研などについて
おもに、コーディネーターの山下耕平が書いてます。

© NPO法人フォロ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


づら研:怒られるのが怖い問題

今回のづら研のテーマは、「怒られるのが怖い問題」だった。
まず、みやすけさんが自分の場合を文章にしてきて話してくれて(文章はこちら)、その後、そのキイワードをホワイトボードに書き出して、参加者とともに「当事者研究」した。


●身体反応~言語化

みやすけさんが最初に話したのは、怒られたときは、その内容よりも先に、怒りのエネルギーが伝わってきて、身体が反応してしまう、ということだった(心臓ズキズキ、前頭葉ビクビク、目の前チカチカ、身体がドコドカetc...下記写真参照)。

そのため、判断力も鈍ってフリーズしてしまったりする。そして消化されない思いが、不安や澱となって沈滞するものの、しばらくすると固まってきて、言葉になってくる。その段階になって、ようやく人に話せたり相談できたりする。そうすると、吐き出すことができて浄化できるが、それで終わりということでもなく、ときどき再沸騰したり、また、あらたに怒られることがあったりする……。

ほかの参加者からも、やはり身体反応の話はいろいろあって(呼吸が浅くなる、血圧が下がる、顔がこわばる、平衡感覚がなくなるetc...下記写真参照)、まずは身体反応なんだということがよく見えてきた。それが言語化されていくと、アウトプットできるが、言語化できないと、エネルギーの塊が自家中毒を起こして、激辛食品やアルコールの摂取、自傷行為などなど、痛みの置き換えで乗りきろうとしてしまったりする。いずれにしても、言語化までは時間がかかることが見えてきた。


●怒られることの種類

さらに、話をするなかで見えてきたのは、怒られることにも2種類あって、理不尽に怒られている場合と、自分に非があると思える場合とでは、自分の反応もちがう、ということだった。理不尽だと思う場合は、反発したり逆ギレしたり、怒りに対する「盾」が働くが、自分に非がある場合は、その「盾」を立てられないので、怒りが深く刺さってしまう。そうすると、フリーズしたり強制終了(シャットダウン)になってしまう。また、理不尽と思っても、とにかくやり過ごすために謝ってしまうということも、女性参加者から話されていた(このあたりはジェンダー要素が深く絡んでいそうだ)。


●なぜ怖いのか?

そして、本題の「怖い問題」だが、なぜ怖いのかを考えたとき、大まかに言って、3種類ほどあった(下記写真参照)。

・身体的な怖さ(殴られる、声が大きい、相手のエネルギーに呑み込まれるetc...)
・関係上の怖さ(決裂してしまう、信頼関係が壊れる、見捨てられるetc...)
・自分への否定(人格否定、価値観の否定、罰せられるetc...)

また、怒りに向き合おうとするからこそ怖いのではないかという意見や、自分を否定して相手に合わせるのもイヤだし、決裂するのも怖いという二律背反がある、などの意見もあった。


●怒りに対処する工夫

その後、怒りに対処する工夫を出し合った(下記写真参照)。

これも、大まかに3段階(初期・中期・後期)あるのと、向き(内/外)があることが見えてきた。

初期
には、身体的な工夫が多く(食べ物、アルコール、風呂、涙を流す、カラオケetc...)、方向は内向き、そしてエネルギーの置き換えをしようとしているのではないかということが見えてきた(痛みの置き換えや発散)。

中期
になると、言語化・共有化する工夫が出てきて(相談する、ひとりにならないetc...)、方向は外向き、そしてエネルギーの変換が起きているのではないかという話になった。

後期
では、負のエネルギーが浄化されたり成仏して、楽になるが、そうなっても甘えや嗜癖が残ってしまうこともあって、それは依存の問題かもね、という話になった。

また、負のエネルギーが変換されないまま、外に向かって発散してしまう場合もあって、それは八つ当たりだったり、ヘイトスピーチみたいな「他者の悪魔化」だったりするのではないか、という話も出た。

*  *  *

こうやって書き出して眺めてみると、実にいろいろなことが見えてきて、おもしろかった。しかし、怒りへの対処の工夫を見いだしても、そもそもが不条理に怒られている場合もあり、自分が工夫して対処しておしまい、では済まない場合も多い。そこで、次回のテーマは「怒り方の研究(誤爆・自爆の研究)」となった。相手に対してちゃんと怒れないために、誤爆や自爆が起きてしまう。それを「研究」してみようということで。12月7日(月)13時~大阪ボランティア協会にて。よかったら、ぜひお越しを。(山下耕平)

11.2 STOP! 多様な教育機会確保法案フォーラム

11月2日、東京・代々木で開かれた「STOP! 多様な教育機会確保法案」フォーラムに、パネリストのひとりとして参加してきた。弁護士の石井小夜子さんの解説に始まり、不登校経験者や親の立場からの発言もあり、充実していたが、とりわけ、金井利之さん(行政学)のお話が明解でおもしろかった。IWJのUSTREAM配信で録画が閲覧できるようだが、残念ながら金井さんの話が途中で切れてしまっている(後日、Youtubeでもアップされるのではないかと思う)。

くわしくは動画を観ていただくとして、自分の発言については、下記に要旨をアップしておきたい。(山下耕平)

……………………………………………………………………………………………………

今日は古くから不登校に関わってきた人たちも多く来ているが、その方たちは、この法案を通じて、自分たちが関わってきた、この運動はいったい何だったのかという思いがあるのではないか。私自身、そういう思いが深くある。
この法案は、上から降ってきたものではなく、フリースクール関係者が求めてきたものでもある。そこに大きな問題を感じる。なぜ、こういうものが出てきたのか、フリースクールが安倍政権のような新自由主義と握手してしまったのはなぜなのか? 仮に法案がどうなろうと、大きな問題が横たわっていると思う。


・不登校とフリースクールはいっしょではない

もともと、不登校とフリースクールは、重なる部分はあるが、いっしょではない。文科省の調査では、フリースクールに通う小中学生は4200人、不登校児童生徒の3.5%だった。フリースクールは、不登校の子どもの声の全体を代弁しているわけではない。不登校に関わる活動にも、いろんなニュアンスがある。オルタナティブスクール、フリースクール、フリースペース、居場所、親の会、ホームエデュケーションなど、さまざまで、それらがないまぜだった面もある。それが豊かさでもあったのだと思うが、この10年ほど、何かおかしくなってきたのではないか。

・法案は、推進側が従来求めてきたものでもない

この法案は、推進者が求めてきたものとも異なっている。もともとは、教育基本法のもとに、学校教育法と並ぶものとして「多様な学び保障法」を求めていたはずだ。現法案は、それとはまったく異なっている。不登校のなかでも学校復帰の見込みのない約1万人というのが、立法事実になっている。フリースクールなどの理念を学校と対等に認めているわけではない。不登校に立脚するのであれば、不登校の現実に即して考えるべきだろう。


・ベクトルが逆向き

法案には、親の会を中心に、関係者から多くの批判があがっている。本来、そういう懸念の声は、推進側が議員に対して代弁すべきものだ。推進する側こそ、懸念の声を共有して議員に届けるべき。ところが実際は、議員の声を代弁して、懸念を示す人を説得している。ベクトルが逆向きで、おかしな構図になっている。こんなことでは仮に法案が通っても、先行きが知れているというほかない。

推進側は「個別学習計画は柔軟に運用できる」と言っているが、根拠にしているのは、馳議員の見解のみ。しかも、馳議員は、過去の体罰が問題になった『正論』の対談で、逆向きの発言もしている(→参照)。


・新自由主義との握手

安倍政権は、教育予算は削減して、「選択と集中」でエリートに重点配分する方向にある。不登校政策もその一環で、「未来のエジソンやアインシュタインを発掘」するためのフリースクール支援になっている。仮に、個別学習計画を履行した人に、はした金が出たとしても、大枠としては、そういう思想に貫かれている。一部の人だけを抜き出せればいいというもので、不登校の子どもたちが自分の存在をかけて問うてきたことに応えるものでは、けっしてないだろう。

推進側は「学校の外を認めてほしい」と言っているが、その「学校」とは何か。能力主義や成果主義が広がるなかで、学校と塾との連携も拡大している。その一環としてフリースクールなどが位置づくのであれば、フリーでもオルタナティブでもない。80年代の枠組みで、学校に対するフリースクールを考えるだけではなく、市場や塾産業に対して、どれほど自律的であるのかが問われている。

以前は、学校は雇用につながっていたが、それが崩れているなかで、学校教育はブラック化している。安倍政権とフリースクールは「個性」「多様性」「自由」という言葉で握手してしまっているが、その言葉で同じものを見ているのかといえば、けっしてそうではないだろう。そこをよくよく確認しておかないといけない。法案がどうなろうと、その構造をよく考えないといけない。


・原点に立ち返って

不登校の現実に立脚して考える場合、不登校その後の問題と、貧困による長期欠席の問題はきちんと考えないといけない。そのなかで、私たちが「居場所」と言ってきたことの意味を、原点に立ち返って考える必要がある。この能力主義社会がパッと変わることはなく、むしろ深まる一方のなかで、子どもたちは、この社会や自分と向き合ったり葛藤することが必要だと思う。居場所を保ちつつ、葛藤したり、揺れ動く時間や場があること。大人はそこに向き合っていくことが必要ではないか。

なるにわラジオ 第8回放送

なるにわラジオ

「なるにわラジオ」は、仕事もしんどい、ニートするのも、ひきこもるのもしんどい、上から目線で支援されるのもイヤやし、なんか知らんけど生きてるのしんどいわって、日々、悶々としているみなさんと、いっしょにぐだぐだの時間を過ごすラジオ番組です。
 第8回放送(2015.11.01 / 01:00a.m. OA)



パーソナリティ:谷口、山下
オープニング曲:Groove
ジングル作成:加藤直人
ジングル(声):のだ あやか


▼今回の放送は

○今月はしおしお:にわっとくんの嘆き

ほか

……………………………………………………
なるにわラジオへの投稿フォームを作りました。

もしくは、下記にお便りください。
〒540-0036
大阪市中央区船越町1-5-1 NPO法人フォロ
FAX:06-6946-1577
E-mail: communitas@foro.jp
……………………………………………………

なるにわは、赤字を出しながら運営してます。
おもしろそうな活動しているから、カンパしてもいいよ、という寛大な方がいらしたら、下記までお願いします。

郵便振替口座 00900-1-25564
加入者名 特定非営利活動法人フォロ
※なるにわカンパと明記してください。

馳大臣の教育観と多様な教育機会確保法案

問題になっている、馳浩と義家弘介の対談記事(『正論』2008年6月号)を読んだ(勝山実氏のブログより)。自分が体罰をしていたことについて、馳文部科学大臣は過ちを認め、当時の被害者である高校生への謝罪を含め、体罰を否定する見解を示した。しかし、この記事自体では、体罰は否定されていない。また、義家文部科学副大臣からは、いまのところ何の見解も示されていない。体罰に関して、義家議員は明らかに肯定している。文部科学副大臣として、きちんとした見解を早急に示すべきだろう。

体罰に関しては、すでにさまざまな意見が出ているので、これ以上は置くとして、この記事で、私が気になったのは、馳議員の教育観だ。

まず、馳議員は先の教育基本法改正について、次のように述べている。

「教育は不当な支配に服することなく…」という件が日教組によって解釈を歪められ、公権力の行政行為を全て不当な支配と決めつけて排除してきた。文部省は予算をつけてくれさえすればいい。現場は現場の判断で自由に、というより勝手にやれるのだという誤った解釈が罷り通って教育現場を蝕んできたのですね。新基本法でも不当な支配という文言は残った。公権力も不当な支配の主体となりうるという解釈自体は今までと変わっていません。が、それでも教育は法律に則って行うことが明記されたのです。法律を逸脱して勝手なことはできなくなった。これは本当に大変な作業だったし、数多ある基本法改正の論点のなかでも本丸中の本丸だった。大事業だったのです。

そして、次のような見解も示している。

地方分権の名の下に教育が蔑ろにされていないか。(中略)地域の学校は学力面で不安はないのか。偏向教育が横行したり学習指導要領が無視されていないか…など確かめる必要がある論点は無数にあると思うのですね。

これらの見解と多様な教育機会確保法案は、根本的に矛盾するものと思われる。とくに、個別学習計画について、馳議員はくりかえし「不登校やフリースクールの現状を追認するもので、個別学習計画での教育内容も、学習指導要領に沿うものを求めているわけではない。本人の意思を十分に尊重した内容が認められるべき」と述べてきたが、上記の見解との矛盾は、どのように考えているのだろうか? 馳議員にうかがいたいところだ。

10月20日に開かれる「多様な教育機会確保法【ここまできた!!報告会】」(主催:多様な学び保障法を実現する会、フリースクール全国ネットワーク)では、馳議員にも出席を呼びかけているという。もし、馳議員が来るのであれば、ぜひ、参加者には、この点を質問していただきたい(私は残念ながら参加できない……)。(山下耕平)

あらためて、多様な教育機会確保法案について

前国会への上程が見送られた「多様な教育機会確保法案」について、少し書いておこうと思う(この間は、づら研企画でオーストラリアに渡航していたりして、なかなか情報をキャッチアップできていなかったり、ブログに書く余裕がなかった)。

法案は、各党内でも異論が相次いで、各党内で調整をはかることになったと言う。とくに自民党内でも異論が多かったことから、当面の焦点は自民党(とくに文部科学部会)で、法案がいかに論議され、場合によって、いかに修正されてくるかになるだろう。9月15日の議連総会以降、これまでに自民党内で3回ほど勉強会が開かれたようだ。秋に臨時国会が開かれれば、そこに上程される見込みだ(しかし、そもそも臨時国会が開かれるのかどうか、わからない)。
この間、フリースクール全国ネットワークと多様な学び保障法を実現する会は、法案への理解を求めて、全国キャラバンを全国8カ所で開いている。

一方、不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークは、臨時国会上程に反対する要望書を送るため、賛同者を募っている。第1次〆切が10月5日、第2次〆切が10月15日となっている。同ネットワークは、法案を白紙に戻すこと、もしくは夜間中学のみの法案とすることを求めている。
9月9日に東京・渋谷で開かれた集会でも、この法案をめぐって関係者が分断されることへの懸念が投げかけられたが、すでに議員のところのボールが行ってしまっている以上、ていねいな議論よりも、法案に賛成か反対かに二極化してしまうのは、ある意味でやむを得ないだろう。

私(山下)の意見は再三表明してきたところだが、現法案は白紙に戻すべきだと思っている。そのうえで関係者で議論をよく尽くすべきだ。現法案は、推進してきた人にとっても、意義のあるものになっているとは思えない。また、いったん白紙になれば、対話への回路も開かれるのではないだろうか。

留意すべきは、意見の相違をもって人格攻撃などをしてはならない、ということだろう。
また、国会上程への反対要望書などについても、賛同するかしないかが、ある種の踏み絵のようになってはならないと思う。私の知るかぎり、この法案に賛成する人にも反対や懸念を示す人にも、とても複雑な思いを抱いている人が数多くいる。

NPO法人フォロでも、上記要望書については、団体として意見をとりまとめることは見送り、各個人の判断にゆだねることにした。

ていねいに議論していきたいと、切に願っている。(山下耕平)

なるにわラジオ 第7回放送

なるにわラジオ

「なるにわラジオ」は、仕事もしんどい、ニートするのも、ひきこもるのもしんどい、上から目線で支援されるのもイヤやし、なんか知らんけど生きてるのしんどいわって、日々、悶々としているみなさんと、いっしょにぐだぐだの時間を過ごすラジオ番組です。
 第7回放送(2015.10.01 / 01:00a.m. OA)



パーソナリティ:谷口、山下
オープニング曲:Groove
ジングル作成:加藤直人
ジングル(声):のだ あやか


▼今回の放送は

○豪州特集

づら研企画でオーストラリアに行ってきました。
本筋のところは、10月12日のづら研で報告しますが、それに先だって、なるにわラジオでは脇道の情報をあれこれ、おしゃべりしてます。

※前回、音質が悪く聴き取りづらかったですが、今回はだいぶマシだと思います。



 動物注意がコアラ。本当にひかれることもよくあるようです。



モヒカン鳩(レンジャクバトと言うようです)。




バーミリオンビスケットスターフィッシュ



 豪州いやげもの 


……………………………………………………
なるにわラジオへのお便りは、下記まで。
〒540-0036
大阪市中央区船越町1-5-1 NPO法人フォロ
FAX:06-6946-1577
E-mail: communitas@foro.jp
……………………………………………………
なるにわは、赤字を出しながら運営してます。
おもしろそうな活動しているから、カンパしてもいいよ、という寛大な方がいらしたら、下記までお願いします。
郵便振替口座 00900-1-25564
加入者名 特定非営利活動法人フォロ
※なるにわカンパと明記してください。

9.9集会の感想

先日の“ますます不登校の子どもが追いつめられる!? 9.9「多様な教育機会確保法案」緊急大検討会”は、豪雨のなか、100名ほどの参加があり、会場は満席だった。

話題提供者は、石井小夜子さん(弁護士)、内田良子さん(カウンセラー・子ども相談室モモの部屋主宰)、私(山下)、桜井智恵子さん(大阪大谷大学教授)、石川憲彦さん(精神科医)。これまで、なかなか議論できなかった、法案をめぐる、そもそもの論点がいろいろ提起され、非常におもしろかった。

いま、時間的余裕がまったくなく、きちんと報告を書くことができないので、くわしくは近日中に下記に動画や記録がアップされるはずなので、参照いただきたい。


私の感想を一言で言えば、この法案を問う以前に、逆に、この法案(をめぐる動き)によって、私たちが問われているということだ。「多様な教育」とは何なのか、「フリースクール」とは何なのか、「普通教育」とは何なのか、「公共性」とは何なのかなど、時代状況の変化のなかで、さまざまなことが問われている。

少なくとも、「多様な教育」とは何なのか、広く共有できるコンセンサスは必要だろう。それが未成熟であるがゆえに、たとえば個別学習計画をめぐっても、「なんでもあり」か「学校化」かといった構図になってしまっているのだ。


それと、「異論を表明することが運動の分断になっているのでは?」という疑問も投げかけられたが、私は分断になっているとは思っていない。多様な教育と言いながら、多様な意見が出てきたら分断になるなんてことであれば、未成熟もはなはだしい。この法案をめぐって、異なる意見が噴出ていることは、よいことだ。それを結論ありきで対立するのではなくて、これを機会にきちんと議論しなければならない(だから、法案は拙速に国会に上程してはならない)。そうでなければ、法案がどうなろうと、「フリースクール」に未来はないだろう。(山下耕平)


『地方自治職員研修』(公職研)から原稿依頼があって、10月号に、この法案について書いている。それと、『はらっぱ』(子ども情報研究センター)8月にも、法案について書いた。ご参考まで。

多様な教育機会確保法案:今後の政治日程について

昨日、フリースクールと夜間中学校の合同議連総会を傍聴してきた。
昨日の総会で示された条文案は、下記にアップされている。
→条文案(未定稿)


11回にわたって開かれた立法チームでも、議員間で意見はまとまらず、昨日の総会においても、条文案は座長案として提案されていた。
そして、政治スケジュールは、今後、下記のような見通しになることがわかった。

・昨日の総会をもって、条文案は河村会長・馳座長あずかりになり、各党手続きに入る。
・10日間を目処に各党に持ち帰って審議(各党の文部科学部会・政務調査会など)。
・そのあたりの日程で、再度、議連総会を開く。
・そこで全会派一致であれば委員長提案となり、今国会成立の見通し。
・一致しなければ、臨時国会へ?(秋に開かれる?)。


馳座長は、総会後のマスコミ質疑で以下のように話していた。
「あくまで今国会への上程を目標にしているが、目標が達せられない場合もある。本音では委員会質疑があったほうがよいと思っている。国会の議事録に、文科省の答弁などをきちんと残しておいたほうがいい」。

全会派一致で委員長提案になると、委員会での質疑は実質なくなるそうだ。そのまま本会議に上程となる。それよりは、次の臨時国会で委員会を開いて審議したほうがよいと思っている、ということだろうか。


昨日の総会で出てきた論点は、基本的に、これまでと変わるものではなかった。
各党に持ち帰って、どのような審議になるのか、注目される。(山下耕平)

※意見を各党の文部科学部会に届けたい方は、下記サイトにリストがアップされている。

なるにわラジオ第6回放送

なるにわラジオ

「なるにわラジオ」は、仕事もしんどい、ニートするのも、ひきこもるのもしんどい、上から目線で支援されるのもイヤやし、なんか知らんけど生きてるのしんどいわって、日々、悶々としているみなさんと、いっしょにぐだぐだの時間を過ごすラジオ番組です。
 第6回放送(2015.09.01 / 01:00a.m. OA)




パーソナリティ:谷口、山下
オープニング曲:Groove
ジングル作成:加藤直人
ジングル(声):のだ あやか


▼今回の放送は

○夏休みアフター・スペシャル

○今月のオシオシ:漫喫を満喫、ほか 
 

……………………………………………………
なるにわラジオへのお便りは、下記まで。
〒540-0036
大阪市中央区船越町1-5-1 NPO法人フォロ
FAX:06-6946-1577
E-mail: communitas@foro.jp
……………………………………………………

なるにわは、赤字を出しながら運営してます。
おもしろそうな活動しているから、カンパしてもいいよ、という寛大な方がいらしたら、下記までお願いします。

郵便振替口座 00900-1-25564
加入者名 特定非営利活動法人フォロ

※なるにわカンパと明記してください。

Profile

HN:
なるにわ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
「なにものか」でなくともよい場所、なるにわ(NPO法人フォロが開いてます)。毎週土曜日の午後にサロンを開いているほか、づら研(生きづらさからの当事者研究会/月に1回)、終末ティータイム、冊子『もじにわ』刊行、なるにわラジオ配信などの活動をしています。ブログは、おもにコーディネーターの山下耕平が書いています。

Twitter

ブログ内検索

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[04/06 鳥居]
[02/08 みやすけ]
[01/13 山下耕平]
[01/13 M]
[11/21 山下耕平]

QR Code

携帯からもアクセスできます。

AD

PR
Copyright ©  -- なるにわ ぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]